新宿御苑特集

新宿御苑バル本店

  • 飲食業

グループ利用に特化した御苑のバル
コロナに負けず飲食業を盛り上げたい

新宿御苑バル本店オーナー 高栖優章

新宿御苑バル本店 オーナー 高栖優章

縁あって新宿御苑近郊に4店舗の飲食店を開き、売上も順調に推移していたなかコロナ禍に突入。縮小せざるを得ず、先が読めない情勢が続き本当に気苦労の絶えない数年間だったと語る高栖さん。しかし、情勢が許せば一気に猛攻をかけ、2021年12月、池袋に換気システムの整った焼肉店をオープン。2025年までに15店の飲食店オープンを目指しています。物腰は柔らかく、ハートは熱い33歳。バイタリティ溢れる若手経営者です。(インタビュアー 山根 聖美)

副業の居酒屋に魅力を感じ、美容師から転身

起業までの経緯を教えてください

社会に出て2年ほど美容師として働いていましたが、月額で14〜15万円しか稼ぐことができなかったため、夜は居酒屋でアルバイトをしていました。個人経営の居酒屋だったんですけど、そこでの仕事がすごく楽しくて、美容師の仕事よりもそちらに夢中になってしまい、自分で飲食店を持ちたいと考えるようになりました。決断した後は、様々な業種のアルバイトを5つくらいかけもちしながら経験を積みつつ開業資金を貯め、25歳のときに西荻窪にワインバルをオープンさせました。その後、新宿御苑で飲食店をしていた知り合いが立ち退くという話を聞き、そこに居抜きで入り2店舗目をオープン。2年ほどで御苑エリアでの経営がどんどん軌道に乗ってきたので、このエリアに4店舗オープンさせました。そのなかで最も経営的にうまくいき、コロナ禍でも閉店せずにいられたのがここ「御苑バル」です。

交流会、同窓会、オフ会など…顧客を団体に限定

事業内容を教えてください。

飲食店の経営です。「御苑バル」は、パーティ・イベント業態の飲食店で、営業時間を決めてオープンしているという飲食店とは異なり、完全予約制です。着席なら4名〜32名、立食であれば50名までご利用いただけます。ビジネス交流会からオフ会、同窓会、婚活パーティなど、様々な用途で使っていただいています。料理は数種類のチーズと生クリームをたっぷり使った濃厚なチーズリゾットや、長時間煮込んで野菜の旨みを引き出したビーフストロガノフ、イタリアのトマト煮込み“カチャトーラ”などが人気メニューです。飲み放題プランもあり、ご予算に応じてプランを提案しています。

完全予約制で無駄がなく
人件費やフードロスの悩みも解消

強みはなんでしょうか

御苑バルもはじめは普通の飲食店のようにオープン時間を決めて営業するスタイルだったんですが、貸し切りイベントが入った時が一番売り上げが良かったんです。それならばと、団体利用に振り切ってオープンする形に転換しました。予約が入った時にだけスタッフと食材を準備すれば良いので無駄がなく、効率よく経営できているのが強みですね。その分、お料理やお酒をリーズナブルに提供できるなど、お客様にも還元できていると思います。数十人が集まって、ゆったり使える飲食店って、実は探すのが結構大変なんですよね。一度使っていただき、2度目も3度目もと定番の場所としてリピートしていただくことが多いです。新宿御苑駅から徒歩10秒という立地も、お客様にとってはメリットだと思っています。

 

どこから来てもお客様にとって抜群のアクセス

新宿御苑周辺に出店してみてどうでしたか?

起業した当初は自分が住んでいた西荻窪での出店がスタートでしたが、新宿御苑にも出してみるとこちらの方がすごく軌道に乗るのが早かったですね。御苑バルは団体のお客様がメインですから、オフ会や同窓会などで遠方から訪ねてきてくださることも少なくありません。新宿駅から歩いて来ることができる立地というのも適していると思っています。とはいえ歌舞伎町のような喧騒もなく、「新宿なのに新宿であることを忘れさせてくれる街」…という感覚です。僕自身も今はこのエリアに住んでおり、とても快適です。

オープンできず売上ゼロ
やむなく3店舗を閉店に

コロナ禍においては、どんな変化がありましたか?

お店がオープンできず、売上がゼロという状態がしばらく続きました。お店は閉まっているのに賃料だけはかかっていき、先が見えない状態。何より自分でコントロールできないというのがキツかったです。テナントオーナーさんによっては数ヶ月賃料をナシにしてくれるような本当にありがたいケース(別記事の新宿44ステーション支配人さんなど)もありましたが、普通はそうはいきません。やむなく新宿エリア4店舗のうち3店舗を閉店し、ここ「御苑バル」のみ残しました。ただ、2021年秋ごろからお客様が戻ってきてくれていることを実感しています。おかげさまで、2年ぶりに年末年始は仕事で忙しく動き回れました。

肉質にこだわり抜いた焼肉店をオープン
2025年までに15店舗を目指す

今後のビジョンを教えてください

第5波、第6波…と、未だコロナには翻弄され、経営者仲間のなかではまだ慎重姿勢な人もいますが、自分はこれからが勝負だと思っています。2021年12月に池袋の焼肉店「KIWAMI焼肉 九斗(きゅうと)」をオープンさせました(元々共同経営だった店舗を引き継ぎリニューアルオープン)。ここは焼肉業界30年以上の腕利きの料理長もおり、A5ランクの中でもとりわけ肉質の良い和牛を一頭買いし、肉の味にとことんこだわっています。出汁からこだわった冷麺もぜひ食べていただきたい逸品です。ここ以外にも現在は日本酒と海鮮が楽しめる和食店のオープンも準備中です。元々何かを作り出すっていうのが好きなんですよね。コロナ禍に負けず、「御苑バル」もたくさんのグループの皆さんに利用していただきたいですし、自分は飲食店オーナーとして2025年までに飲食店を15店舗持つというのが今の目標です。

店舗情報

店舗名

新宿御苑バル本店

所在地

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-7-3 三栄ビル 2F

東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 3番出口 徒歩10秒
都営地下鉄新宿線 新宿三丁目駅 C4出口 徒歩6分

営業時間

〈完全予約制〉17:30〜23:00 (L.O. 22:30)
※現在、ディナーのみの営業とさせていただいております。

TEL

03-5357-7488

定休日

不定休

HP

新宿御苑バル本店 gyoen-bar.com

KIWAMI焼肉 九斗 食べログ / HOTPEPPERグルメ

アクセスマップ

掲載日:2022.01.19

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ