新宿御苑特集

I&R総合会計事務所

  • 税理士法人

I&R総合会計事務所

I&R総合会計事務所代表公認会計士 税理士 寺尾 潔

I&R総合会計事務所 代表公認会計士 税理士 寺尾 潔

お客様にもっといいサービスを提供したい。
ホスピタリティ精神溢れる寺尾先生のお話には強く心を打たれました。将来を見据えたI&R会計事務所の新たなる取り組みにも注目です。
(インタビュアー 金井)

企業を選ぶのではなく、やりたいことを選択する

起業までの経緯を教えてください。

私が大学生の頃はちょうどバブル全盛期、バブル終わりの頃です。当時の大学3年生の就職活動は職業を選択するというよりは、企業を選ぶといった時代でした。そんな中、目標もなく何がしたいかよりもどの企業に入るかという選択に非常に違和感がありました。学生時代のアルバイト先の仲間に、漫才師やスタジオミュージシャンを目指す方達がいて、自分のやりたいことに想いを持って生きている様はとても魅力的でキラキラして見えました。そんな彼らを見て、私も同じように「自分の職業はこれ」と言える仕事がやりたいと感じていました。それから、自分に何を身につけられるかと考えたときに資格をとろうと決めました。では何の資格を取得すれば良いのかと考えたときに、資格に詳しい方との雑談の中で「文系の資格の中で最も難しいのは公認会計士」というお話を伺い、公認会計士の資格を取得することにしました。

税理士業務を中心に様々な形で企業をサポート

事業内容について詳しくお聞かせください。

メインは企業の顧問としてお仕事をさせていただいております。
公認会計士は税理士も兼ねるので、税金の申告を毎年責任を持って行っております。いわゆる税理士業務が一番のメインの業務です。

そこから付随してくるのが、アウトソーシング事業です。企業に経理のスタッフさんがいない、経理業務を外部に委託したいといったご要望が近年非常に多くなってきています。また、顧問先で株式公開をしたいという企業様には公認会計士としてコンサルティングをするIPOコンサルティングも行っております。最近で言うとM&A(会社の合併、買収)これについても我々公認会計士が、コンサルティングに入ってより高く売れるように一定時間をかけてサポートしたり、買う先の会社の調査・買値が妥当かどうか等を事前調査を行います。

都心でありながら緑と静けさがある落ち着いた環境

なぜ新宿御苑で起業したのですが?起業してみて実際にどうでしたか?

起業したころは当時住んでいた練馬にオフィスがありましたが、すぐに新宿御苑の近くに事務所を移転しました。都心でありながら緑と静けさがある落ち着いた環境が好きで、新宿御苑(公園)によく行っていました。新宿御苑周辺の都市と環境の融合感や落ち着いた街の雰囲気がすごく好きで、この辺りを選びました。しかし、100坪超えるビルが少ないのでいつかここから出なくてはいけないかもしれません。

税務調査に強い組織

御社の強みを教えてください。

独立をしていく過程の中で、数多に会計事務所はありますので特徴がないとご依頼をいただくことは難しいと考えておりました。経営者様から「うちの税理士は何もしてくれない」「税務署の言いなりで・・」といったお話をよく耳にしました。まず、一つとして税務調査が弱い税理士さんが多いんですよね。税務調査が強いということは経営者様に喜んでいただけますし、顧問先が喜んでいただくことにより必ずご紹介に繋がります。一番の強みとして大事にしていることは税務調査に強い組織作りをしてきたことです。

巷では国税OBが強いと認識されておりますが、本当に強い国税OBの方というのは国税庁や国税局でトップになっているようなお偉い方です。一定の役職についていると確かに影響力は持てますが、税務署や国税庁に在籍していたというだけでは何も影響力はありません。言い方は乱暴になってしまいますが、我々は企業様の立場に立ちきちんと法律を根拠にして税務署と喧嘩ができる。そこが最大の強みです。

仕事のあり方の変化

コロナ禍において、会社にどのような変化がありましたか?

コロナ前は同じフロアで、目に見える範囲の中で事業運営ができておりました。2020年4月の緊急事態宣言のタイミングでテレワークを導入し仕事のあり方に大きな変化がありました。テレワークでの仕事の進め方、社内のコミュニケーションの取り方、お客様ともZOOMで打合せをすることもありました。仕事のあり方が内部外部ともにすごく変わったことが一番の影響です。

また、コロナ禍で本当に厳しい企業様が多くなりました。そんな状況の中「うちの年配の税理士さんは何もやってくれない」という不満の声を耳にしました。そういった方々を既存のお客様から、組織としても若くIT化も進んでいる当事務所に多くのご紹介をいただきました。そのため体制を拡充するために、人員の確保も必要となる一方で、テレワークによるメンタル不調の社員がでてしまったりと本当に大変な一年でした。

コロナ禍のニーズに応じた新しい取り組み

今後のビジョンについてお聞かせください。

創業支援にエネルギーを注ごうと考えています。
コロナ禍では、創業間もない企業から「経営が苦しい」とか、これから事業をしたい方などから「資金調達の工面を手伝って欲しい」という相談がたくさんありました。大手や中堅企業は自力がありますし、私たち以外にも対応してくれる会計事務所はたくさんあります。一方、手間がかかりお金もたくさんはもらい難い創業間もない企業には、よい担当者がつく可能性は低いと考えられます。そんな時、私たちのような経験豊富な会計事務所が担当することは、創業間もない企業の成長にもつながりますし、国全体にも貢献できると考えております。

税務調査に強い会計事務所として、大手や中堅企業からのご依頼も多いのですが、創業支援に人員を割きたいので、いつかお断りをする日が来るかもしれませんね(笑)。

若い方達の育成に力を入れる

創業支援にエネルギーを注ぐことは、若手の育成にもつながります。
新卒や第二新卒を採用して育成を行うと、大手や中堅企業の担当として活躍するまでに3年から6年ほどかかります。ですから、若手よりも経験豊富な人材が欲しくなり、若手の採用に積極的になれませんでした。しかし、創業支援に特化すれば、ベテランの私たちがサポートにつくことにより、1年半から2年ほどで担当を任せられる人材に育ちます。また、日本では少子高齢化問題もあり、国籍を問わず、優秀で人柄がよい外国人の方も積極的に採用し育成をしております。
創業支援と人材育成。この2つの循環をつくることは社会貢献にもつながり、私たちのビジョンとなっています。

御苑特集に期待することは何かありますか。

新宿御苑に二十数年おりますが未だに飽きも来ませんし、好きな街です。
新宿御苑が好きな実業家としてここの良さ、魅力が色んな方に伝わるといいなという思いですね。

法人概要

代表

公認会計士 税理士 寺尾 潔

設立

1998年(平成10年)5月

電話番号

03-3357-1335

WEBサイト

https://ir-sogo.com/

アクセスマップ

掲載日:2021.06.08

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ