新宿御苑特集

フジ相続税理士法人(フジ総合グループ)

  • 税理士法人

「悲しみの涙」を「感動の涙」に変える
相続のスペシャリスト集団

フジ相続税理士法人(フジ総合グループ)代表税理士・東京事務所 所長 高原 誠

フジ相続税理士法人(フジ総合グループ) 代表税理士・東京事務所 所長 高原 誠

どんな人にも突然起こりうる相続問題。時に争いさえ起こりかねない財産の継承は複雑であることが多く、無事に相続税申告が終わるまでは顧客とまさに“膝を突き合わせる”濃密な話し合いが必要だそうです。そんな問題解決を専門とする高原先生、取材を通じてシャイですがとても誠実なお人柄が伺えました。紹介で顧客が絶えないのも納得です。実は奥様とも、この“膝の突き合わせ”で出会われたとか。(インタビュアー 山根 聖美)

税理士試験で相続の面白さに目覚め、新宿御苑へ

これまでの経緯を教えてください

商業高校で簿記に出会い、その面白さに魅かれ税理士を目指し、会計専門学校で学んだ後、会計事務所に務めながら税理士試験に挑戦、26歳で合格しました。簡単ではない税理士試験の勉強中に、一番楽しく感じられたのが相続税法です。なぜかって思うでしょう?試験問題の中に、必ずと言っていいほど「愛人」とかドロドロの人間関係、まさに2時間サスペンスドラマを凝縮したような内容が出てくるんです。探偵気分でその問題を解決するのに夢中になり、いつの間にか一番得意になっていました。実際仕事にしてみると、ほとんど「愛人」なんて存在は出てこないんですけどね(笑)。そんなわけで資格取得後は相続に特化した仕事がしたいと考え、当社の前身で、不動産相続に強いフジ総合グループの株式会社フジ総合鑑定(新宿御苑)の門を叩きました。数年勤めた後「これから税理士法人を立ち上げたいと思っている。フジ総合グループの代表者の1人にならないか」という話があり、いずれ独立開業したいと思っていた自分としては渡りに船。二つ返事で引き受けました。この段階で税理士はグループの会長である吉海税理士と自分2人だけでしたが、15年経った今は東京8人、名古屋3人、大阪5人の税理士がおり、不動産鑑定専門の協働会社(株式会社フジ総合鑑定)も含めたフジ総合グループ全体での社員は総勢120人を超えました。

相続税申告、土地再評価による還付手続きに実績

事業内容を教えてください

相続税申告に特化した税理士法人です。多くの税理士事務所が行なっている所得税・法人税などの申告は基本的に行っていません。財産をお持ちの方が亡くなってから始まる相続税申告や、土地評価のセカンドオピニオンなどもありますが、一番案件が多いのは、過去に別の税理士事務所で相続税申告が済んでいる土地の再評価です。フジ総合グループには不動産鑑定士が在籍しているので、現地調査や役所調査を行い、相続専門の税理士と意見交換をしながら土地評価を適正に見直すことができます。相続税は申告期限から5年以内であれば還付が可能なので、評価が変わる場合、改めて更正の請求のための資料(土地評価意見書など)を作成し、税務署に返還を求めることができます。還付額は様々ですが、土地によっては数千万円から数億円にのぼることもあります。相続税の還付手続きは当社がパイオニアであり、創業から28年間で4800件以上のご依頼をいただいています。

税理士×不動産鑑定士コンビの
ワンストップサービス

御社の強みはなんでしょうか。

グループ内に相続専門の精鋭が揃っているというところです。たとえば医師に内科や外科、眼科と専門分野があるように、税理士も大きく会計・経理専門と、相続専門に分けられます。また相続財産における「土地」の割合は41%、「建物」の割合は約5%と大きなウェイトを占めています。土地は個別性が強いため、適正な相続税額を算出するためには相続税の知識に加え、土地を含め不動産に関する知識が不可欠です。たとえば道路幅が狭かったり、道路と高低差があったりといった複雑な土地などはとくに評価に差が出ます。当グループでは、外注ではなくグループ内の不動産鑑定士が納税者目線で再評価します。また、還付手続きの場合は、相続税の減額が発生しない場合は費用は一切いただきません。ですからお客様にはリスクがなく、その上、還付が実現する確率はご相談いただいた方の約7割。かなり高いですよね。

お客様にやさしい街

新宿御苑周辺で仕事をしていて、どのように感じますか?

1991年に今の新宿都庁が落成したことをきっかけに、創業者はこれから新宿が日本経済の中心になるだろうと考え、翌年このエリアでの創業を決めたそうです。ただ、西新宿は賃料が高いだけでなく、お客様は伊勢丹周辺の方が親しみがあるだろうということで、この場所になりました。実際、このエリアには目印も多く、新宿南口から歩くこともでき、新宿御苑という分かりやすい目印もあるので初めてのお客様でも足が向きやすいようですね。ビジネス街ではあるのですが、西新宿や丸の内ほどの緊張感はないというか、リラックスしていられる環境なのでとても居心地が良いです。

スタッフの働き方やオフィス空間を工夫

コロナ禍において、会社にどのような変化がありましたか?

コロナ禍であっても相続案件は発生しますので、正直仕事の内容はあまり変わりませんでしたね。ただ、しっかりとした感染対策を行うためにスタッフの出勤をフレックス制にしたり、すべてのデスクとデスクの間にパーティションを設置したり、お客様との打ち合わせにZoomを利用したりと工夫はしています。ご相談をいただくのは50代前後の方がもっとも多いのでデジタルにも比較的抵抗が少なく、リモートでやりとりするための苦労もあまり感じませんでした。

「頼まれごとは試されごと!」
限界を決めず納税者に寄り添う

今後のビジョンを教えてください

全国の税理士事務所のなかでも、相続を専門にしているところはとても少なく、全体の5%くらいでしょうか。また不動産鑑定士が業務提携レベルではなく、グループ内にいるとなるとより僅少です。この強みを活かし、1人でも多くの方に安心・満足を提供していきたいと思っています。相続税申告の期限は故人が亡くなった日から10ヶ月と決まっているので、お客様とは一件の相続税申告のたびに半年以上にわたる濃密なお付き合いをします。故人を亡くした「悲しみの涙」を、最後には「感動の涙」に変えられるよう、自分たちでできることに限界を決めず、スピード感やホスピタリティにおいても常に120%の力を発揮していくことをこれからも追求していきます。

最後に、この新宿御苑特集に期待することは何かありますか?

新宿御苑では不動産会社さんとの繋がりはあるのですが、実はそれ以外の業種ではまだまだといった感じでして。ぜひ特集で紹介されている経営者の皆さんとの繋がりが生まれることを期待しています!

法人概要

社名

フジ相続税理士法人(フジ総合グループ)

住所

東京都新宿区新宿2-1-9 JESCO新宿御苑ビル(旧:AIRA新宿御苑ビル)2F・9F

フリーダイヤル

0120-95-4834

電話番号

03-3350-1061

取り扱い業務
■地主様・不動産オーナー様に特化した相続税業務
・相続税申告、還付申告
・遺産分割協議対策、納税資金対策
・公正証書遺言の作成サポート
・民事信託組成のサポート
・二次相続対策
■地主様・不動産オーナー様に特化した会計・税務顧問
・月次決算
・経営指導
・記帳代行

アクセスマップ

掲載日:2021.05.13

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ