新宿御苑特集

株式会社 ワイルドビジョン

  • 放送・映像・イベント

株式会社 ワイルドビジョン

株式会社 ワイルドビジョン代表取締役 鷺坂 勝

株式会社 ワイルドビジョン 代表取締役 鷺坂 勝

芸能界という厳しい業界を生き抜いてきた強い精神力をお持ちの鷺坂社長は、ユーモラス溢れる義理人情に厚いお方でした!
誰もが知るような有名タレントさんとのエピソードもたくさんお話してくださいました。(インタビュアー 金井)

野球部のマネージャー経験を得て、芸能マネージャーに

起業までの経緯を教えてください。

私は高校生の頃、野球部に所属しておりムードメーカー的な存在でした。3年生のときに練習中部員が体調不良になったり、怪我をしたときは誰よりも先に異変に気が付き、監督に報告をしておりました。そんな私の行動を見て監督から、「お前は洞察力鋭くマネージャー業が向いているから、選手兼マネージャーとして部員を見てほしい。」と頼まれました。人と関わること、サポートをすることが得意なことを監督は見抜いていた様です。将来サラリーマンにはなりたくなかった私は、テレビを見ているととても面白いし、将来はテレビの裏方で楽しく仕事ができたらいいなと考えるようになりました。野球で大学のスポーツ推薦の話もありましたが、野球を続けるつもりはなかったため、高校卒業後はエンターテインメントの専門学校「東放学園専門学校」に入学することにしました。

東放学園専門学校ではディレクターを目標に、学生生活を楽しみました。卒業後はテレビ番組制作の仕事に就きたいと思い、まずはAD(アシスタントディレクター)を目指しました。芸能事務所㈱ホリプロの制作会社、㈱ホリックスの会社案内の仕事内容を観て2年生の8月頭に、まだ求人募集もしていないのにアポも取らずに飛び込みで㈱ホリックスを訪問しました。何故アポも取らずに行ったのかはよく覚えておりませんが、おそらく直ぐにでも現場に出てノウハウを習得したかったんだと思います。突然私が訪問して「AD募集していませんか?」と言われて、デスクの方も驚いて最初は躊躇されてしまいました。しかし、社内に同じ東放学園出身の先輩もたまたま居たこともあり、話を聞いてくださり、私の熱意を気に入って下さいました。9月から東放学園に通いながらアルバイトとして働かせていただけることになりました。

卒業後は頑張った甲斐も有りそのまま㈱ホリックスに就職し、テレビ番組制作の仕事に従事しておりました。
芸能事務所「㈱浅井企画」に所属の関根勤さんのテレビ番組で、子供番組制作のADとして1年半携わらせていただきました。その番組では前説も任され、関根さんのチーフマネージャーが私の仕事ぶりを見てくださり、「関根さんの現場マネージャーとして浅井企画に来ないか!」と誘われました。よく言えばヘッドハンティングですね(笑)。
ホリックスではADとしてのノウハウもある程度身につけ、ロケディレクターとして編集も経験しました。しかし、これを機に違う分野でタレントマネージャーにチャレンジしてみようと思い㈱ホリックスを3年ほどで退職し㈱浅井企画に転職しました。
その後関根さんの現場マネージャーを3年ほど勤めさせていただく中で、タレントマネージャーのノウハウや色々な気遣い等を学ばせていただきました。

マネージャーとお笑いコンビとの二人三脚の10年

関根さんのマネージャーの時に、同じ事務所に所属しているお笑いコンビ「キャイ〜ン」のウド鈴木さんとは家が近所ということもあり週4日~5日ほど飲みに行くくらい親しい間柄でした。そんな中仕事の上司でもある、キャイ〜ンのチーフマネージャーさんが癌で亡くなってしまったのです。お亡くなりになる半年前、私が関根さんのマネージャーを3年で外れ、若手芸人達の営業をしていた頃です。上司が入院している間はキャイ〜ンの現場が居ない為、助っ人で私が二人の現場に付きました。
上司は戻って来てくれると信じていました。一度だけ面会が許されキャイ〜ンと一緒にお見舞いに行き、上司が「おバカな二人だけど、鷺坂、俺が帰って来るまで二人を頼むな…。」という言葉を残して他界してしましました。ショックでした。
ウド鈴木さんは親友ということもあり、私がマネージャーを務めることは難しいと思いながらも亡くなった上司からの遺言も有りやるしかないと思いました。㈱浅井企画は長い間売れている芸人さんはピン芸人の方々が多く、コント55号以来のコンビを売らなくてはならないというプレッシャーもありました。天野さんとウド鈴木さんは私より2歳年上ということもあり業界歴も先輩ですので、キャイ〜ンの現場では当然敬語で話しておりました。ウド鈴木さんとはいくら親しい間柄とは言え職場の中で、年上でもある芸人さんにため口は聞けません。ある日ウド鈴木さんといつもの様に仕事終わりに飲みに行ったときに凄い形相で「何故、現場でお前は敬語なんだ!それだとやりにくいんだよ。いつも通りタメ口で接して欲しい。それが俺たちの関係なんだから。周りはそのうち理解してくれる。だが天野くんには敬語のままでヨロシク!」その様に言われたので現場での敬語を辞め、1年くらい経つと周りの人達も私とウドさんの関係性を理解していただけました。

キャイ〜ンとは二人三脚で10年ほどやって来ましたが、35歳の手前くらいでふと思ったのです。このまま会社員でいいのかと。
マネージャー業を続けていれば、安定した収入を得ることは出来ます。しかし、人生は一度しかないし後悔もしたくない。自分の会社を立ち上げるか2年くらい悩みました。キャイ〜ンにも「自分で会社を起業してみたい。」と相談をしました。
天野さんが「俺たち2人も夢を持って芸人続けている。鷺坂の夢があるならそれに向かって勝負をかけてやることを応援するよ!」と言ってくれてました。その言葉に飲み屋で男泣きしてしまいました。
その後キャイ〜ン以外にも3グループをマネージメントしていたので10か月ほどかけて引き継ぎをし、退職させていただきました。自分から退職したいと申し出たにも関わらず、退職金まで頂けて本当に浅井社長には足を向けて眠れません。
そういった経緯で2006年8月に㈱ワイルドビジョンという会社を設立しました。

プロダクション業務にイベント運営、講師と業務は多岐にわたる

事業内容について詳しくお聞かせください。

会社設立時はタレントは1人も在籍しておりませんでしたが、妻子を養うためにNHK放送局のBS番組プロデューサーのお仕事をしておりました。また、設立2年目からは東京ラーメンショーのお手伝いにも毎年携わっております。
ステージに出演する芸人さんや歌手、アイドルのキャスティング、母校の東放学園専門学校の生徒をアルバイトスタッフとして起用しております。
東放学園専門学校では恩返しとまでは行きませんが、今のマスコミ業界の現状を生徒にアドバイス出来ればと思い、マネージャーの講師を前期のみ15年間担当しております。
人とのコミュニケーションに気を遣うことができなければマネージャー業は成り立ちません。今テレビに出ているタレントさんたちは芸能界で言うとピラミッドの頂点のほんの一角の方々です。そういう人達のマネージャーになるにはよっぽどの自分のバイタリティ、コミュニケーション能力や社会人としてのマナー(言葉遣い)を身に付けないとマネージャーにはなれません。そういったお話を生徒さんにアドバイスしております。

現在のメイン業務はアイドル事業です。6年前、昔から親しかった他社社長に新規女性アイドルグループのチーフマネージャーが居ないので鷺坂にお願いしたいと頼まれたので5年ほど担当させていただきました。
その後ワイルドビジョンで新たに野球に特化した女性アイドルグループをスタートさせたのですが、コロナ禍の影響で集客することが非常に厳い状況でしたので、今年の1月に解散という決断に至りました。
現在は仕切り直して男性アイドルグループ結成に向けて動き始めております。

業界一筋30年。コミュニケーションで培って来た厚い人脈

御社の強みを教えてください。

私は、この業界に30年携わっております。
色んな会社と関わりがあるので、タレントさんや芸人さんなど幅広い人脈が強みです。どんなニーズが必要かを良くヒアリングしてご紹介することが出来ます。例えば、企業向けのイベントや学園祭にタレントを呼びたい場合、どのくらいギャラがかかるのか分からないと思います。予算を伺い、どんなイベント内容かを確認して提案や紹介をさせていただいております。人脈と洞察力で人と人を結ぶ能力が私にはあると思っておりますので、それが弊社の強みです。番組が終わりそうなときに、昔お世話になった方からご連絡いただき、次の仕事のチャンスが舞い込んだこともありました。結果を残して次もまたあの人に任せられる。そう思っていただけると信頼関係を築き、次の仕事にも繋がります。

新宿御苑特集に期待することは何かありますか?

コロナで潰れてしまうお店が増えていることが悲しいです。もともと静かなエリアでもあるので、この特集をきっかけに地域活性化することを期待しております。また、自分の仕事と掲載されている会社の社長さん同士で、ご相談出来たり繋がりができるといいですね。

コロナ禍において、会社にどのような変化がありましたか?

新型コロナウィルスになって良かった点は一つもありません。4月、5月は休業しておりました。アイドルグループのメンバーの稽古も出来ませんし、イベントも出来ない。デビュー時期も遅れて非常に厳しい状況でした。
今年のGWに向けて駒沢公園で知人の会社が「北海道フェス」イベントを開催する予定です。それと同時期に大阪でも「牛フェス」イベントを開催予定です。
新型コロナウィルスで去年はイベントはどこも中止になってしまったので今年は開催出来ることを祈っています!そこでお手伝い出来る事が有れば協力する予定です。

今後のビジョンをお聞かせください。

会社といたしましては、男性・女性アイドルグループを育てて有名にしたいです。
大きな会社のように宣伝費はかけられませんが、地下アイドルのトップになるようなグループを育てて行きたいです。

近いうちに居酒屋もしたいなと思ってます。
こんな世の中で、最近男女一人身の方が増えて来ているので、私が立ち上げた居酒屋に来てくれたならお客さんの話相手や仕事の愚痴も聞き、人生のアドバイスもちょこっとでもしてあげれる様なお店が出来たら良いなぁと思っています。それが今の目標です。

長々となりましたが読んでいただき有難う御座いました。
今後とも宜しくお願い致します。

法人概要

会社名

株式会社ワイルドビジョン

住所

〒160-0004
東京都新宿区四谷4-30-23ビルド吉田405

TEL

03-5919-6780

アクセスマップ

掲載日:2021.03.26

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ