会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

建設業界向けの業務システムには自信があります。
お困りの際は、弊社と共に創り上げていきましょう!!

Cメーカー株式会社

代表取締役 川村 謙作

OA機器販売

Cメーカー株式会社 代表取締役 川村 謙作

“一人一人の思いが、一つの方向に向かい動き出している”そんな印象を受けました。
体育会系の川村社長ですが、体育会系ならではの情熱と優しさを感じました。
笑顔が素敵で、いつお会いしても腰が低い川村社長の魅力に迫りました。
(インタビュアー:三上)

Cメーカー株式会社

思い続ける事で夢を実現できる

━ 設立されたきっかけを教えて下さい。

設立した理由は、2つあります。
私は前職が中堅OA機器販売会社なのですが、その時のメンバーが弊社の社員として働いています。当時、「独立したい」という思いを一人一人抱いていて、たまたま将来の展望が一致していたため、一人でやるよりはチームで力を合わせた方が良いと思いました。
また、建設業界向けのシステムの企画、開発には長年の経験があるため、今まで培ってきた経験や実績をもっと世の中に広めていきたいと思いましたし、前職からも引き継いで今まで通り仕事ができると思ったので、“Cメーカー株式会社”を設立しようと思いました。
余談ですが私は元々、経営者になりたいという願望がありました。
前職では役職に就いていましたので、営業部や開発部門など色んな部署を広範囲で見ていました。
幸いにもそういう立場で仕事をしていたため、将来は自分の舵取りで動かしていきたいと思っていましたし、その時の経験が今に活きています。

Cメーカー株式会社

より深く意図を読む事で、お客様の満足に繋がる

━ 御社の強みは何ですか?

弊社は、建設業界に特化した業務システム、ソフトウェアの企画や開発をしています。
元々は、色んな業界向けに仕事をしていましたが、結果的に振り返ると引き合いが多かったのが建設業だったんです。
実際に市場リサーチすると、建設業界向けにあまり良いツールがない事が分かりましたので、そこに力を入れるべきだと思いました。
また、お客様とお話しする中で、「建設業界はもっとITを活用すれば便利になる」とより肌で感じました。
弊社の強みを一言で表すと、システムやアプリケーション、ソフトウェアに強いです。
昔は、物販が全面的だったのですが、今はアプリケーションを駆使してその中身に注力し、どんな成果が上がるかという事をお客様に提案しています。
例えば、「新入社員が入るのでパソコンを3台下さい」という受注があった場合、用途によって使うパソコンの種類が違うため、見積りを簡単に送る事はできないはずなんです。
つまり、より深くヒアリングし、お客様の意図を読む事が大事だと考えています。
このような過程は、弊社の経営理念にもなっている社名に通じていまして、“Cメーカー”の“C”は、「Chance」「Challenge」「Communication」の頭文字を使い、“メーカー”は物を創り出すという意味で、“Cメーカー”と名付けました。
弊社は中小企業様にITを通じて、チャンスを提供し、次のステップにチャレンジする、そこには適切なお客様とのコミュニケーションが大事。このような意味が社名には込められています。

Cメーカー株式会社

やりたい事を実現できる会社へ

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

弊社は、10期目10億円の売上規模を目指しています。
この規模が弊社の身の丈に合っていて、良いチームワークが発揮できる組織なのではと思います。
社員数で言いますと、10名~20名位の精鋭メンバーが集まり、やりたい事や好きな事ができ、一生働ける会社にしたいです。
また、社員同士で家族ぐるみの付き合いもでき、結果的に皆が笑顔でいられるような会社を目指したいですね。

PROFILE

Cメーカー株式会社代表取締役 川村 謙作

1980年 埼玉県生まれ

2002年 大手OA機器販売会社に勤務(4年間)
2006年 中堅OA機器販売会社の取締役就任
2010年 基幹業務システムの事業立ち上げ
2015年 建設業向け専用システムのリリース
2015年 建設職人甲子園地区理事就任
2017年  8月 中堅OA機器販売会社の取締役退任
2017年 10月 5名でCメーカー株式会社設立

サイトURL
http://c-maker.com/index.html

2018年8月28日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ