インタビュー記事

私たちが愛する音楽
その音楽から生まれる感動を、いつまでも

株式会社ホームミュージック

代表取締役 李泳燦

イベントディレクション音楽制作

株式会社ホームミュージック 代表取締役 李泳燦

穏やかにゆっくりと噛み締めるようにお話をしてくださった、李社長。そのひと言ひと言から音楽への熱い愛が伝わってきました!(インタビュアー:中嶋みさ)

株式会社ホームミュージック

プロの音楽家をサポートしていきたい

━ 起業までの経緯を教えてください

コロナ禍直前の去年の一月にアメリカの友人たちに会いにロサンジェルスを訪れ、駅にあるストリートピアノを弾いていたんです。ストリートピアノというのは街中の駅やビルのロビーや空港など公共の場所に置かれた、誰でも自由に演奏して良いピアノのことで、アメリカだけではなく日本でも広がりつつあるものです。私がピアノを弾いていると、見ず知らずの方々が集まってきて喜んで聴いてくれました。演奏を交代し、自分よりも明らかに上手い人が弾きだすと、やはりそちらの方がより拍手がもらえたり、人が沢山集まってきてウケるんですね。演奏を聴いた通りがかりの人が立ち止まり、拍手をして、もっと聴きたいと周りに集まってくる様子を見て、音楽の力の素晴らしさを見た気がしました。そして、プロの音楽家たちが演奏するのをサポートする仕事がしたいと閃きました。自分は幼少の頃からピアノとバイオリンを習っており、大学ではオーケストラ部に入るなど音楽は身近な存在だったんです。20代の頃にはいろんな仕事を経験したのですが、やはり音楽を仕事にしたいと確信しましたね。実際に活動をし始めたのは2020年夏からで、翌年5月7日に法人登記をしました。私の祖父母は日本に移住してきた韓国人なんですが、そのことから理不尽な思いをした経験も少なくありません。それで世の中を見返すためには起業しかない!との思いもありましたし、両親や親戚など、周りに経営者が多かった影響もあり、学生時代から起業はしたいと思っていました。

 

株式会社ホームミュージック

主催コンサート、訪問演奏

━ 事業内容を教えてください

コンサートの開催、訪問演奏、音楽スクールなど、プロの演奏家ができる活動をプロデュースしています。主催コンサートは月2回ほど開催しています。ジャンルはクラシックとジャズがメインですが、訪問演奏の時などは高齢の方にも喜んでいただけるように演歌も演奏しますし、ファミリーやお子様向けの時には子供向けのアニメや映画の曲を選ぶこともあります。演奏者は私がinstagramやYOUTUBEで演奏を聴き、直接メッセージを送ってアプローチした方々で、現在8名ほどにオファーし、私はプロデューサーとして関わっています。内容は基本的には演奏者に任せてはいるものの、季節感や会場の雰囲気、またゲストなどの打ち合わせをしてコンセプトを決めることもあります。まだホームミュージックはよちよち歩きですが、素晴らしい演奏者の方々に出会えて、力をもらっています。おかげさまで、コンサートへのリピーターも増えているんですよ。

株式会社ホームミュージック

今までにないスタイルのコンサート

━ 御社の強みはなんでしょうか

生演奏の感動をお届けすることです。主催コンサートは基本的に食事付きのものが多いのですが、レストランを貸切にて開催していますので、コンサートの後には懇親会をしたり、演者と一緒に食事が楽しめる場を設けたり、食べながら聴いていただいたりと、今までのコンサートの概念とは全く違うスタイルでお届けしています。いわゆるホールで開催するクラシックコンサートのように、始まったら咳もできない、じっとしていないといけないというのではなく、カジュアルにお酒も楽しみながら、お食事を楽しみながら、音を聴いていただくコンサートをやっています。毎回リピートで来てくださっている方もいます。僕自身、小さい頃から楽器はやっていて音楽は大好きなのですが、クラシックコンサート独特のじっと畏まっていないとならないのが苦手だったので、音楽が好きな人も興味があまりない人も一緒に美味しいものを味わいながら楽しめるスタイルにこだわりました。

株式会社ホームミュージック

音楽から生まれる感動

━ 仕事をする上で大切にしていることはなんでしょうか

お客さんに音楽の感動を味わっていただけるよう、心がけています。演奏を聴くと、昔を思い出して胸がいっぱいになったり、心が痺れるようなことってあると思うんです。そんな音楽から生まれる感動をお客様にお届けしたいです。ホームミュージックのマークは鳥と音符が組み合わさっているのですが、そこに3つの点が書かれています。これは、ホームミュージックの音楽を「お客様」「演奏家」「会社」の3つを三味一体や三本の矢のように欠かせないものとして表現しています。会場、演奏者、お客様が相乗効果で良い音楽を生み出し、スタッフも含め、その場にいる誰もが楽しんで感動できるコンサートを作っていきたいです。

株式会社ホームミュージック

ミュージックパーク事業

━ 今後のビジョンを教えてください

飲食ができて生の演奏が楽しめる「ミュージックパーク」を作ることです。「ライブハウス」というと、地下であったり閉鎖的な空間が多いのですが、もっと開放的で敷居も低く、子供たちも気軽な雰囲気で音楽が楽しめる場所を屋外でもやりたいと考えています。アメリカの野球場は「スタジアム」ではなく「ボールパーク」と言います。野球だけを楽しむのではなく、イベントやライブ演奏があったり、子供の遊び場があったり、美味しいものがあったりとファミリーで楽しく出かける場所でもあるんです。同じように、音楽をメインとしたファミリーや友達同士など、音楽好きもそうでない方も年齢なども関係なくみんなで楽しめる場所、それが「ミュージックパーク」です。しかし東京は住宅街が多く、音の問題、天気の問題などを考えると難しい点もあります。ミュージックパーク事業はアメリカがメインとなりそうなので、昨年8月にカリフォルニア州で「ホームミュージック・インク」という法人を立ち上げました。コロナが落ち着いたら早速展開しようと準備を進めているので、ぜひ、楽しみにしていてください。

PROFILE

株式会社ホームミュージック 代表取締役 李泳燦

株式会社ホームミュージック代表取締役 李泳燦

1988年宮崎県生まれ

幼少期よりピアノ・ヴァイオリンを習う

青山学院大学社会情報学部卒業


ソフトバンクテレコム株式会社

(ソフトバンクグループ)入社


米国での留学、就労を経て2021年に

株式会社ホームミュージック設立








<会社概要>



会社名  株式会社ホームミュージック




メールアドレス info@your-homemusic.com

設立  2021年5月7日

資本金  1,000,000円

事業内容 音楽演奏事業及び附帯関連する一切の事業








2022年1月13日 公開

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ