会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

心と身体が美しくいられる男女を増やすアパレル業
プロも認めるAXF(アクセフ)商品の展開!

サンフォード株式会社

代表取締役 吉田 國廣(よしだくにひろ)

ヨガスタジオファッションスポーツ

サンフォード株式会社 代表取締役 吉田 國廣(よしだくにひろ)

「一度使うと手放せない」と絶賛のAXF(アクセフ)商品を株式会社テイコク製薬社と共同開発した吉田社長。
社会に必要とされる企業であり続ける為に常に考えられている素敵な方です。

(インタビュアー:髙木)

サンフォード株式会社

心と身体が美しくいられる男女を増やしたい

━ 今一番ちからを入れている事業内容を教えてください。

弊社は今までアパレル(婦人衣料)卸中心のみ事業でした。所謂BtoBの事業モデルです。

昨今はアパレル不況と言われています、その発端は海外からのファストファッションブームです。これは日本のファッション界、流通業界に大きな変化をもたらせました。

これでは行先不透明という事でイニシアチブを持てる新規事業を早く立ち上げようと色々試行錯誤している中、今ではSDGsの第一人者と呼ばれている、フロムファーイーストの阪口社長に巡り合い、そしてサンフォード社としての新規ブランド「AXF(アクセフ)」を立ち上げる最大のきっかけとなる、テイコク製薬社畠山社長に巡り合いました。

AXFを立ち上げる以前からYOGAブランドを立ち上げ新宿高島屋さんで@yoga lifeを展開していましたが、表参道に体幹アップ、リカバリー向上にもつながるヨガスタジオ兼SDGsSHOP、@yoga lifeをオープンしました。

ここではヨガを中心に「心と体がよろこぶ」多彩なスタジオプログラムや美容と健康、QOLの向上を目的とした幅広い講座やセミナーを開催しています。

株式会社テイコク製薬社と共同開発した素材イフミックがスタジオ空間とヨガマットに使われているので、入り口とスタジオでは体幹が違い、より良い環境にしています。

仕事前に朝ヨガに来られる方も男女問わず増えています。そうすることで1日快適に過ごせると言われます。

IFMC.(イフミック)は最近話題の素材で大手上場企業からも問い合わせが多数きています。例えばその素材を使ったタンクトップがあるのですが装着することで体幹の安定、バランス感覚の向上、リカバリー向上を可能にしています。

やはり何歳になっても健康が一番ですし、弊社はアパレル業がメインですが心と身体が美しくいられる男女を増やしたいので、その分野へ注力しています。

日々新しい事へのチャレンジと長期的視野

━ 普段心がけていることなど何かありますか?

日々新しい事へのチャレンジです。

そして新しい事への実践の目安は、短期的視線でモノゴトを判断するのではなく、中長期的な思考で考え、次世代へ申し送り出来るかの是非を一番大切な、判断基準とする事にしています。

売上を上げることも大切ですが、長期的視野でビジネスを判断する事を学び実践しています。

その為弊社は社員教育にも力を入れており、社員同士が心から理解しあえるような環境を定期的に用意しています。昨今では社員の方から、「もっと研修を増やしてください」という声も上がってくるようになりました。

サンフォード株式会社

プロも認めるAXF(アクセフ)商品の拡大

━ 今後の展開やビジョンを教えてください。

表参道@yoga lifeにも使われている株式会社テイコク製薬社と弊社が共同開発した素材“イフミック”に力を入れている、AXF(アクセフ)商品の拡大です。

アクセフはあらゆる活動に必要な体幹や身体のバランスを整え、リカバリー効果を中心とした、今までにないハイパフォーマンスギアなのです。

特に首に付けるカラーバンドはプロ野球選手、スポーツ選手、会社員、更に高齢者の方に愛用されています。元々IFMC.は高齢者の安定歩行補助を目的に開発され商品ですので、高齢者の方からは「一度使うと手放せない等」多くのお声を頂いています。
詳しくはこちら

更に現在、テイコク製薬社と東京都市大学工学部医用工学科の平田孝道教授により、「IFMC.研究室」が開設され、研究がすすめられています。

今後一般の方にも気軽に使えるように商品開発を続け、永続的に社会に必要とされる企業を目指し、PR拡大にも力を入れ、国内だけではなく世界に向けた発信をしていきます。

PROFILE

サンフォード株式会社代表取締役 吉田 國廣(よしだくにひろ)



設立1984年(昭和59年)8月

サイトURL
http://www.sunrallygroup.co.jp/group/sunford/

2018年7月23日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ