会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

知的財産の活用で、独自の技術やブランドを守り事業拡大のサポートを

山本内外特許事務所

所長 山本龍郎

弁理士士業

山本内外特許事務所 所長 山本龍郎

特許と商標取得依頼申請がメインの弁理士山本さん。
明るく優しい話し方と、分かりやすい言葉で専門用語を説明してくださいました。
その細やかな気遣いが人から頼りにされ、信頼される人になるのでしょうね。

(インタビュアー:髙木)

山本内外特許事務所

企業のブランドを守る。

━ 弁理士事業の内容を詳しく教えてください。

お客さまが知的財産を取得・活用し、末永く存続する企業になれるようサポートをしています。

事業内容は弁理士ですので特許権と商標権の取得依頼を多く頂いております。
特許は発明や独占したい製法などの独自の技術を守るため、商標は会社名・ブランド名・サービス名を守るために申請されます。

知的財産については、早めの準備・対策が必要です。
例えば新規事業を立ち上げて、そのサービス名をカタログ類に印刷した後、そのサービス名について、他の企業が既に商標権を取得している場合は、太刀打ちできず、印刷をし直したり、ホームページを修正する必要があるからです。

どんなに良い商品やサービスでも、早い者勝ちで特許権や商標権は取得されてしまう為です。
ですから、まずは事前に要件を調べて規定を満たすかどうか?を確認する必要があります。
せっかく投資した資金と時間を無駄にしないように、法律面からサポートしております。

それから著作権の相談も最近増えています。著作権は違反しているかどうかの判断が難しい分野です。

著作権違反をすると、民事の問題だけではなく、刑事罰が適用される場合もあるので、注意が必要です。最近は特に厳しくなってきている為、画像やデザインなど情報元が正しいところのものを使用するのがよいと思います。

細かなヒアリングと、事前確認の徹底。

━ 普段心がけていることは何かありますでしょうか?

例え1度のご縁でも一人ひとり長くお付き合いできるように、対面で細かなヒアリングが出来るように、クライアントへお会いするように心がけています。

商標についてですが、1度取得されても、カテゴリー(区分)が変わると商標を増やす必要があります。

例えば家電をメインに販売していた会社が、新しく洋服や雑貨の事業を立ち上げ拡大するタイミングで追加のカテゴリーについて申請する事もあります。
多い企業ですと14種類もの申請を出しています。通常は多くて5種類です。

商標については、読み方が一緒でも、原則登録されない為、事前に調べて登録要件を満たすのか?の確認が必要です。

資金を投資し、時間もかけている事業なら尚更慎重に動く方が良いので、クライアントへ事前に対面でヒアリングをしながらどんな事業展開をして行きたいのか?それから差別化になっているのだろうか?と確認します。
細かなサポートが可能なので、信頼と満足度が上がりお互いに良い仕事ができると考えております。

また、海外では国ごとに規定が違い、また現地の代理人に依頼する必要があるため、個人判断で申請は特に難しくなりますが、この点もサポートできます。

1970年に父が創業し、私で2代目ですから過去の経験や実績からアドバイス可能な申請判断が幅広く対応可能です。
もちろん実際に申請してみないと登録になるか分からないカテゴリーもありますが、日々研究や勉強をしながら事務所内でもお互いに高めあっています。

山本内外特許事務所

アジア展開を視野に!

━ 今後のビジョンや目標はありますでしょうか?

今後のビジョンとしては10年後にはアジア圏に弁理士事務所の支所を作れると良いですね。
日本企業のほとんどがアジア企業、工場と取引されている為アジアにも今後は支所が必要になると思いますので。

海外は日本と違い、アジアでも国により規定が違う話を先ほどお伝えしましたが、現地の最新情報も現地にあると常に把握できますからね。
それから私は旅行が好きですし、海外案件の依頼もあり中国に行く事もありますので。
楽しみながら知見を増やせる経験は良いですからね。

まれに、海外の方から特許や商標申請依頼もあります。
私も英語を頑張って勉強していますが、今後は外国語堪能な弁理士が増えていくと思います。

弁理士が事務所に増える事もそうですが、少しずつ事務所の成長スピードに合わせ人数も増えると仕事の効率や作業量がアップされると思います。

個人や中小企業の発展の為に知的財産を守り、末永く経営可能な事業が増える事を願います。

PROFILE

山本内外特許事務所所長 山本龍郎

平成14年 総合真空機器メーカーの知的財産部に入社。

平成15年 弁理士試験合格。

平成25年 1970年創業の初代所長の山本彰司が開設した山本内外特許事務所に入所。

平成29年 山本内外特許事務所の所長に就任。

 

サイトURL
http://userweb.pep.ne.jp/yamamoto67/index.html

2018年7月19日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ