インタビュー記事

初期投資の少ないレンタルスペース運用で収益を確保
投資家も利用者も喜ぶ空間づくりを

株式会社ブルーロータス

代表取締役 若杉真里

レンタルスペースの企画・開発・運営代行

株式会社ブルーロータス 代表取締役 若杉真里

フワッとやわらかい雰囲気の中にも凛とした佇まい。かと思うと、取材が始まると笑いをまじえて気さくにお話してくださる若杉社長に、いつの間にかどんどん吸い込まれてしまっていました。レンタルスペース事業の次なる展開がとても楽しみになりました。(インタビュアー 司 愛梨)

株式会社ブルーロータス

「社長になりたい」というより、必要だったので会社を立ち上げた

━ 起業までの経緯を教えてください。

もともと弁護士を目指していました。高校卒業後、化粧品と健康食品を扱う会社で働いていましたが、23歳のときに自分の中で大きな変化があり、大学へ行こうと決意。準備期間は予備校に通った3ヶ月ほどでしたが、24歳で大学に合格。仕事と学業を両立しつつ、卒業後は法科大学院に入り、司法試験を目指していました。そのうちに子供が生まれ、2歳の時、その子が度重なる入院を余儀なくされ、子育てと勉強をしながら働く…この状況での労働収入は厳しいと痛感しました。自分が動かなくてもお金を生み出す仕組みを作りたいと思考していくなか、著名な経営者である加藤ひろゆきさんの著書『まずは100万円で一等地の空地を買いなさい』に巡り合いました。そこから次々と不動産の本を読み漁り、ついに貸し会議室(レンタルスペース)投資の情報に行き着いたのです。これは、不動産を購入しなくても運用が可能な投資です。例えば、月5万円でスペースを賃借し、ひと月15万円の売上げがあれば10万円が手元に残ります。そんな会議室を2つ持っていれば、ひと月20万円の売上になる…という計算から「あ!これなら!」と思い付きました。周囲に相談すると「個人でやるより法人格にしたほうが信用に繋がる」とのアドバイスもあり、起業しました。実は社長になりたいなどという考えはなく、自分が起業するなんて思ってもいませんでした。ただ必要だったから会社を立ち上げたのです。

 

株式会社ブルーロータス

レンタルスペースの企画、物件選び、開発、運営代行、セミナー運営

━ 事業内容を教えてください

レンタルスペースの企画、物件選び、開発、運営代行などを行っています。商談がまとまりましたら、レンタルスペース作りから始め、運用開始後のフォローも行います。お客様である投資家の皆さんは会社勤めなどで忙しい方も多いため、電話対応やメール返信などの事務代行、スペースを利用されるお客様へのご案内、クレーム対応などもしています。そのほか、レンタルスペース事業に関するセミナー運営なども行っています。

最大限に美しい空間づくり、きめ細かいアフターケア、お客様のご要望をカスタマイズ

━ 御社の強みはなんですか?

「物件を紹介できる」ということです。ホームページやSNSで関心を持ち、弊社のセミナーを受講された方などから、レンタルスペースを持ちたい、どうやって探したらいいのかという相談を受けますが、実は貸し会議室を運営できる物件ってなかなか辿りつけないものです。私も経験済みですが、一からしらみ潰しに物件にあたっていくとなると、本当に大変な思いをします。自ら不動産業者に問い合わせてみても、受け付けてもらえないこともあるのですが、弊社では会議室物件を紹介できる不動産会社と専属契約を結んでおり、お客様の希望に沿った物件を探すことができます。また、弊社では投資家様よりお預かりした大切な物件をさらに魅力あるものにするため、他と差別化した素敵なスペースを作ることに自信があります。これは私が幼少の頃から美しいモノにかなりこだわりがあるという所にも起因しているかもしれません。もちろんコストは抑えます。これまでも、空間づくりに他社で200万円程度かかると言われた費用を、弊社では50万円程度に抑えることができたケースもあります。さらに、物件のみを探して欲しい、運営管理のみをお願いしたいと依頼される場合もあります。例えば法人投資家で、日中は塾を運営しているが、夜のスペースを埋めてほしい・・という方、ホテルのラウンジや会議室の運営代行をご希望の方もいらっしゃいます。空間を作るのは好きでも管理が苦手という方もいらして、お客様の要望に合わせ、細分化されたカスタマイズをしているのが、同業他社にはない強みだと思います。

株式会社ブルーロータス

顧客を何よりも大切にすることと、人生を充実させる柔軟なメンタル

━ 仕事をする上で大切にしていることはなんでしょうか?

お客様(投資家)を大切にするということです。投資家の方より相談を受けることも多く「今月の売上が下がってしまった」「こんな風に運営してみたい」など、ご希望・ご意見のひとつひとつを大切にしています。聞いた話ではありますが、最初のセミナーに参加し、莫大なお金を請求しておきながら、案件が成立したら放ったらかしで、その後連絡が付きにくくなったり…どうやらそんな業者も存在するようです。弊社ではきめ細かなアフターケアを常に心掛けています。私はメールやSNSの返信もものすごく早いですから(笑)。私自身は、これまで目標に向かって突き進んでいくことこそ人生に必要なことだと思っていましたが、今では「柔軟に人生を充実させる、何があっても大丈夫」というメンタルを大切にしています。これは不動産投資にも通じることで、少しの損失でも落ち込んでしまう、気持ちが揺れがちな方には投資は向かないかもしれません。会社を経営していますと、本当に色々なことがあります。予期せぬことに遭遇したときであっても、落ち込まず構えていられることは非常に大切だと考えています。

株式会社ブルーロータス

いつか制約のない自由な空間づくりを

━ 今後のビジョン・取り組んでいることを教えてください

予約の絶えない人気のスペースをコツコツと増やしつつ、会社の規模を大きくしていきたいです。様々なスペースをプロデュースしていくうえで、手腕が問われることのひとつに、投資家側の希望と、スペース利用者側の希望のバランスをとることがあります。投資家の方からすれば、最小限のコストで最大限の収益を目指します。しかし利用者からしてみれば、椅子や照明ひとつとっても、少しでも新しくてキレイな「お金のかかっていそうな」スペースのほうが良い訳です。この狭間でバランスをとるのは難しい部分ではありますが、やりがいもあります。これからもお客様の声に丁寧に耳を傾け、事業を進めていきます。でもいつか…そうした制約を一切取っ払い、夢のある、キレイで華やかな、投資家も利用者も心から喜んでいただけるようなスペースも手がけてみたいですね。

PROFILE

株式会社ブルーロータス 代表取締役 若杉真里

株式会社ブルーロータス代表取締役 若杉真里

代表取締役:若杉真里

所在地:〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3 THE BASE 麹町1F

設立年月日:2018年5月14日

私たちは、移動する時間を除いては、常に「スペース」を利用して生きています。それほどまでに私たちと密接に関係のある「スペース」をもう一度見つめ直し、投資家の方々に代わってデザインからこだわって創り出していく。そんな活動をしています。

全ては利用者の満足と投資家の方々の利益のために。
ブルーロータスはスペースを通して日々の感動を生み出し、幸せな社会をつくる貢献をしていきます。

 

2021年1月14日 公開

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ