会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

1社ずつ丁寧に会計から経営管理のサポートを!

株式会社マネージポート会計事務所

代表取締役 佐々木 健郎(ササキ タケオ)

会計士士業

株式会社マネージポート会計事務所  代表取締役 佐々木 健郎(ササキ タケオ)

遠方でも直接クライアントを訪問され、会計士の枠を超えた企業コンサルティングで事業再生のサポートをされている佐々木社長。

会計や税務のサービスを提供されるだけでは無い、本当に大事な経営管理をしっかりと伝えている素敵な方です。

(インタビュアー :髙木)

株式会社マネージポート会計事務所

会計の力で黒字化へ

━ 事業内容を教えてください。

事業内容は主に事業計画の策定、資金調達や黒字化の支援、場合によっては金融機関や外部のファンドなどを通じた事業再生の支援などを行っております。また、証券化などのファイナンス系の業務も多くなっております。

事業再生や経営支援業務では、数字の見通しをシミュレーションしながら、複数の提案を用意し、クライアントとお話しながら選んで貰っています。

ビフォーアフターの比較ができると、スムーズにイメージして頂けます。経営者の方にも理解しやすいように説明が必要ですので。また、税務顧問なども多く請け負っております。

会計は社会のインフラだと思っているので、大手企業では活用されているのですが、地方や中小企業だと会計や経営管理があまり活用されていないのでそこを広げたい想いから活動しています。

びっくりしてしまうのですが、個々の商品の原価が分からずに仕事をしている製造業などの企業も多く、だいだいの予想=どんぶり勘定で計算されているので、実際に細かく計算すると、『あー、この製品は赤字だったのか』と判明する企業もある事から、会計の力を使ってお手伝いできたらと思います。

株式会社マネージポート会計事務所

直接経営者と会い、信頼関係を構築

━ 普段心がけている事などありますでしょうか?

事業再生や経営支援の業務では、定期的に現地企業を訪問し、直接話をする事で信頼関係を構築しながらサポートするよう心がけています。

経営者のお考えを聞くことが重要と思っており、最初はあまりこちらから喋らないようにしております。少しづつ経営者のお考えが理解できてきたら、ご提案やアドバイスをさせて頂きます。

社長のお考えに沿って、社長にやる気になってもらう事が一番大事ですから、長い目で見てどうすればよいのかをいつも考えております。

一社ずつ会社をどうしたいのかが違うので細かくヒアリングし、物質的な部分だけではなくて心理的な部分の悩みもありますので再生の手法を選んで頂いています。

最終的に会社に利益が残るようにして欲しいでしょうから、出来る事は全部トライしクライアントが納得できる事業再生のお手伝いを心がけております。

約150件以上の経験していますので、なるべく多くの方法をご提案しています。

定期的な経営管理の見直しで、長年経営できる企業を増やす

━ 今後の目標や展望などありますでしょうか?

どの業務にも共通するのですが黒字になって頂き、黒字を継続して頂きたいと思っております。経営者のお考えを聞きながら黒字になるためにはどうすればよいのかという視点でお役に立ちたいと考えております。

最近は、事業再生やファイナンス系の業務にとどまらず、経営支援の仕事が増えてきておりますので、各種シミュレーション、経営管理・計数管理のサポートをしながら全体像を捉え事業を安定して運営できるサポートをもっと広げていきます。入り口が税務顧問であってもそういったご要望があれば各種のシミュレーションや計数管理などのサポートも充実していきたいと考えております。そこに付随し、資金調達や黒字化の戦略練り、節税など企業に関わる会計業務をもっと効率化します。

会社経営はまずは継続させる事が一番です。10年で消えてしまう企業が多いと言われてしまうのですが、少しでも弊社が出来るサポートを行い、末永く活躍される企業のお手伝いをしたいと考えております。

PROFILE

株式会社マネージポート会計事務所 代表取締役 佐々木 健郎(ササキ タケオ)

出身地 大阪府
2005年 株式会社さくら綜合事務所 入社
2008年 株式会社さくら綜合事務所 退社
2009年 新日本有限責任監査法人 入所
2010年 公認会計士登録
2013年 金融機関にて常駐して勤務
2013年 新日本有限責任監査法人 退所
2013年 株式会社マネージポート会計事務所 代表取締役就任
2014年 マネージポート税理士法人 代表社員就任

サイトURL
http://manageport.jp/

2018年6月20日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ