会社のファンを増やす企業インタビューサイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

住宅ローンで困っている方を徹底サポート
お客様から選ばれる不動産屋さん

株式会社横濱エステート

代表取締役 山田 武久

不動産

株式会社横濱エステート 代表取締役 山田 武久

自身の経験から、困っているお客様を一人でも多く助けたいという熱い想いをお持ちの山田社長。
常に相手の最善を考えて提案する姿勢に感動しました。
今回は、そんな山田社長にお話を伺ってきました。

(インタビュアー 木内)

株式会社横濱エステート

お客様の喜びが不動産業のやりがい

━ 起業までの経緯を教えて下さい。

高校を卒業してすぐ、親が経営する印刷業の会社で経理と営業の仕事をしました。経理は税理士事務所に通いながら税務を勉強し、営業は製造業だったので物の価値や値段の決め方をその時に学びました。会社は軌道に乗り第二工場も建設していたのですが、ちょうどバブル期で製造業は日本国内から生産が安い中国にどんどん変わっていった時期でした。そして、その影響を受けて会社が倒産。当時20歳くらいでしたが、両親と私とで金融機関の連帯保証人になっていたので、3人共々自己破産を経験しています。今は良い思い出ですが、当時は苦労しました。カードローンやクレジットは組めないし、自己破産していることを否定的に見る人もいるので就職にも影響がありました。

どうにか稼がないと、と思い運送業や電話機の営業を経験した後、26歳の時に前々から興味があった不動産業界に転向することを決め、地元で募集していたセンチュリー21に就職しました。入社して半年頃まで売り上げが上がらなかったのですが、たまたま来店された一人の自営業の方が、私が案内した物件に申し込んでくれて、初めて契約を取ることができました。その方は、収入はあったのですが自営業でローンがなかなか通りませんでした。最終的に付き合いのあった信用金庫が融資をしてくれましたが、通常1ヶ月ほどの引き渡しに3ヶ月もかかってしまいました。やっとの思いで物件の引き渡しができた時に、お客様がとても喜んでくれ、その事に私も感動し、『人の為に役に立つって良いなぁ』と思いました。実は子供の頃から体が弱かったということもあり、誰かのために何かしたいという気持ちを持っていたので、この経験が不動産に対してのやりがいになりました。

センチュリー21では、夜遅くまで仕事をすることもありましたがとても充実していました。しかし、2年くらい経つと対応件数が増え、アフターフォローまで手が回らない状況になっていました。これは違うと感じ、独立して仲間が立ち上げた会社でフルコミッション営業を始めることにしました。最初は集客に困りましたが、分析するとローンがネックになっていることに気がつき、ローンの借り入れが難しいお客様を対象にしようと考えました。他の不動産屋でローンを断られた方、自営業の方、カードローンや車のローンで家を買えない、という方達を対象にしたのです。そうするうちにお客様がお客様を紹介してくれるようになり、9割以上のお客様が紹介で来てくれるようになりました。

30代半ばになり、自分の将来のことを考えて宅建(宅地建物取引士)の資格を取得しました。その時、知り合いから自分の会社の社長が高齢のため誰か引き継いでくれる人を探しているという話しを聞き、私が手を挙げ、今の会社を譲りうける形で起業しました。

店舗を構えるようになると、地主さんや他の不動産屋さんなど、さまざまな方との付き合いができ、今では不動産売買だけでなく、賃貸業、管理業、建売り販売など、不動産に関連するすべてのことを業務として行っています。

株式会社横濱エステート

不動産に関する事を幅広く

━ 事業内容を教えて下さい。

メインは不動産売買と仲介です。

その他に、不動産の買い取りや、内装工事をしてから販売するリノベーション再販、自社保有物件の運営、あとは賃貸管理、投資用物件の仲介、地主さんの資産活用など幅広く行っています。

 

株式会社横濱エステート

破産させずに住み続ける事を提案できる

━ 御社の強みや特徴を教えて下さい。

お客様の物件が競売になって住宅ローンが払えなくても破産させないこと、住み続けることをご提案できるのが強みです。条件は厳しいのですが、私自身自己破産をして大変だったという経験もあり、なんとか健全な状態での再生を図れるようなアドバイスをさせて頂くことを一番に考えています。

ご提案をする上で何をするかというと、まずはお客様の現状をヒアリングし、親子間売買等様々な方法での対策を講じます。具体的にいうと、例えば親子間売買の場合、物件を査定し市場価格との差がないような形で親子間で売買を締結します。その際に税理士や司法書士といった、それぞれの専門家と連携し、金融機関にもその内容を理解していただいた上で、現在の債権を住宅ローンで組み直す。そのようなサポートスキームを作りました。それが出来るのが弊社の強みです。

株式会社横濱エステート

人との繋がりと想い

━ 社長が仕事をする上で大切にしている事は何ですか?

人とのつながりや想いを大切にしていますね。

その人がどんな想いを持っているのか、どうしたいのかを自分自身が理解できるところまで聞くようにしています。あとは仲間です。お客様であっても従業員であっても同じ仲間という感覚で、良いことも悪いこともお互いに喜べるような、何でも話し合えるような関係を一番大切にしています。

同じ想いを持った仲間とフランチャイズ展開したい

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

今後は前述したスキームを使って、同じ想いを持った仲間とフランチャイズ展開をしていきたいと考えています。今の会社は私が代表になって8年目ですが、右肩上がりに伸びています。しかし以前、従業員数が10人くらいになった時、若い社員を3・4人採用したのですが、私がもともと営業肌だったこともあり、私の想いを押し付けるような感じになり彼らを辞めさせてしまったことがありました。会社の売り上げは維持していたのですが、利益が無くなった状況になって、いったん従業員にはみんな辞めてもらいました。

その後、独立した社員とは一緒に仕事をしており、私が動けない活動を彼らに任せているような状況です。お客様との付き合い方次第で仕事の紹介をいただくことはできますが、それができない営業マンが意外と多いので、お客様との付き合い方や今まで私が培ってきたノウハウを共有していけたらと思っています。

PROFILE

株式会社横濱エステート 代表取締役 山田 武久
株式会社横濱エステート代表取締役 山田 武久

横浜市・川崎市を中心に不動産を紹介し、25年以上の経験を持つ不動産会社。

株式会社横濱エステート

 

2019年9月2日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ