会社のファンを増やす企業インタビューサイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

情報格差をなくし、変革を創造する。
セールスの仕組み構築で
『売れない営業マン』をなくします。

株式会社Flat Engine

代表取締役 中平 聖也

紹介営業コンサルティング

株式会社Flat Engine 代表取締役 中平 聖也

「こんなに優秀な仲間が集まってくれて、とても幸せです。」と最初にお話しして下さった中平社長。
社員の方をとても尊敬し、大切に想っている事が伝わってきました。
中平社長自身が誰よりも仕事をワクワクしながら楽しんでいる事がとても伝わり、私まで楽しい気持ちになってくるインタビューになりました。

(インタビュアー 木内)

株式会社Flat Engine

「できない営業マンが、できる営業マンになる」仕組みを作りたい

━ 起業までの経緯を教えて下さい。

学生時代から起業したいという気持ちはずっともっていたのですが、大学を卒業後は「まずは営業力をつけよう」という気持ちでメーカー企業や不動産会社、営業支援のベンチャー企業を経験しました。
特に不動産会社では典型的な「ごりごりの営業」を経験しました。
キャッチセールスで道行く人にチラシを見せて、家を売る…というような、今から考えれば無茶な営業手法だったのですが、そのときの経験が現在の仕事を始める直接のきっかけになったと思っています。
私は不動産営業時代まったく売れない営業マンだったのですが、売れない営業マンとして働いていた期間が長かったことで、会社が構築している成約に至るまでのプロセスの矛盾に気づくようになりました。
売れない営業マンでも結果を出せる仕組みを作れないか?ということを考えるようになったのです。
例えば、不動産会社では最初から買う気で来ているお客さんにはエース級の「できる営業マン」が担当につきます。
会社が売上を上げるためには効率的なシステムだとは思うのですが、これだと「できない営業マン」はいつまでたっても成功体験を持つことができないんです。
ミスをしては自信をなくし、自信がなくなるとさらに売れなくなって…という負のスパイラルで、結果を出せないまま辞めていってしまう人たちをたくさん見てきたことで「上の段階に上がれずにジレンマに陥っている人たちのために何かできないか」と考えるようになったのです。
弊社の強みはインサイドセールスの構築(営業活動を工程ごとに分業化し、顧客の購買意欲に合わせて対策を打ち出すこと)ですが、これは「売れない営業マンが売れるようになるためにはどうしたらいいのか、結果を出せるようになる教育を、自動的に行えるような仕組みは構築できないか」を営業マン時代に試行錯誤したことがコンセプトになっています。

株式会社Flat Engine

顧客のリファーラル営業を「人とのつながり」を通して支援します

━ 事業内容を教えて下さい。

顧客のリファーラル営業を支援するのが弊社のサービスです。
リファーラル営業とは、既存顧客からの紹介によって新たな成約につなげる営業スタイルをいいます。
私自身、人とのつながりが実績につながる体験を多くしてきたので、お客様にもそうした体験をぜひしてほしいと考えています。
このような営業支援がメインですが、マーケティングについてのアドバイスや、顧客のプロフィール動画作成などのクリエイティブ製作も提案することができます。

株式会社Flat Engine

顧客のニーズに合わせた解決策の提案と、インサイドセールスの構築が強み

━ 御社の強みや特徴を教えて下さい。

対面営業と、ネットを使ったマーケティングの両方についてサポートができます。
弊社にも営業支援のためのさまざまなツールがありますが、それらがフィットしない場合には、顧客のニーズに合わせてオーダーメイドでシステムを作るということも可能です。
特に、私自身営業マン時代にインサイドセールスの構築を徹底的に実践してきましたから、営業活動を分業し、段階的に顧客への施策を考えていくというプロセス構築には自信があります。
また、弊社自身、テレワークやリモートワークで従業員とやり取りをしていますから、そうした形で社内システムを構築しようと考えている方にも提案できるノウハウが多くあると思います。

 

株式会社Flat Engine

人として大切なことを守る。重要なところでは一貫性をもって発信を継続する

━ 社長が仕事をする上で大切にしている事は何ですか?

ビジネス以前に、人として大切なことを守ることがまず一つです。
遅刻はしない、遅刻したら謝るというところから始まって、自分に関わってくれた人は良くも悪くも信じるようにしています(裏切られることもありますが)。
状況が変わったらそれまでの人間関係を放棄してしまう人も時々見かけますが、私はそういうことはしません。
状況が変わったらちゃんと話し合いをして謝る、筋は通して「立つ鳥跡を濁さず」でないと人脈がそのつど断絶してしまいますから、ビジネスはやっていけないと思っているからです。
また、表面的な変化はあっても、重要なところでは一貫性をもって活動を続けていくのも大切です。
私自身、視野が広がることで行動がガラッと変わることはありますが、表面的な変化はあっても芯はぶれずにやってきたと思っています。
まだ内容が固まっていない状態でも周りの人を巻き込んで仕事ができることも多く「なんでだろう?」と考えたことがあるのですが、重要な部分ではずっと同じことを繰り返し伝えていることが1つの要因だと思うのです。
一貫して自分がやりたいことをやっている、ワクワクしながら仕事をしているというところではぶれていないので、そのワクワクが相手に伝わるのかもしれませんね。
もう1つ、私は決して何でもできるタイプの人間ではないのですが、そのことを包み隠さず伝えるようにしています。
何でもできる人だと「自分でやってください」となってしまいますが、経営者としては周りを巻き込めることがとても大事だと考えているからです。

情報格差をなくし、教育のスタンダードを作っていく

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

社会の情報格差をなくし、情報を知ったうえでどうする、という選択肢まで提示できる会社にしたいと考えています。
例えば、弊社で提案しているインサイドセールスにしても、知らない人は全く知りません。
情報を知っている人だけが独り勝ち…というのはフェアじゃないと考えているんです。
また、「教育のスタンダードを作っていく」ということも弊社のビジョンです。
これは私の営業マン時代の体験がもとになっているのですが、できない人をできるようにするプロセスを構築したり、ものごとを分解して体系化しなおし、組織として教育したりしていける人を増やしていきたいと考えています。
直接的には私のアドバイスや提案がきっかけで、「あの人変わったなあ」という姿をたくさん見たいですし、「中平さんのおかげで変わることができました」と言ってもらえたらとても嬉しいですね。

PROFILE

株式会社Flat Engine 代表取締役 中平 聖也
株式会社Flat Engine代表取締役 中平 聖也

1988年生まれ。
奈良県出身、関西大学経済学部卒業。
2018年株式会社Flat Engine起業。

2019年6月10日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ