会社のファンを増やす企業インタビューサイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

アダルトチルドレンに寄り添い
成果を挙げ続けるお父さん代行業。

株式会社HAPPY SPIRAL

代表取締役 大堀 亮造

カウンセリング

株式会社HAPPY SPIRAL 代表取締役 大堀 亮造

アダルトチルドレン専門のカウンセラーとして活躍されている大堀さん。
クライアントのお父さん代わりになって、自立できるよう支えていくというお仕事は、愛情が無くては出来ないものだと感じました。
取材中も終始優しく、大堀さん全体から包み込むような愛情が感じられました。

(インタビュアー 木内)

株式会社HAPPY SPIRAL

サラリーマン人生よりクライアントの笑顔に魅せられて

━ 起業までの経緯を教えて下さい。

元々、少林寺拳法をやっており、その中で自分で自分を治せることに興味が湧き、操体法(そうたいほう)を習い始めました。操体法とは、自らの身体の感覚を重視する施術で、痛みを感じずに気持ちの良い感覚をクライアント自身が身に付ける療法です。当時企業に勤めていましたが、整体にやりがいを感じ、2004年に整体(手技療法)として開業しました。そして施術をしながら、クライアントの話をよく傾聴し、アドバイスなどもしていると、人間関係やメンタルが身体にも影響することが分かり、カウンセリングが必要だと気づきました。ありがたいことに人気がではじめ、クライアントから「カウンセリングと併せた施術メニューを作ってみては?」と言われることが増えました。

実はその頃、交際していた方がメンタル不調になってしまい、力になろうと心理学を学ぶためセミナーや講座に通うようになりました。そこで習得したのは『感情解放カウンセリング』という分野で、当初は手技療法と併せ感情解放カウンセラーもやっていました。これらの治療を行っていると、アダルトチルドレンのクライアントは非常に治癒率が高いという結果がでました。実際手技療法だけを施術していたクライアントも、後々気付いたのですが、アダルトチルドレンの方が多かったんです。操体法の施術自体が身体の感覚を重視する施術ですので、相性が良かったのもあると思います。そのような事がきっかけで、『アダルトチルドレン専門』の事業を立ち上げようと起業しました。

株式会社HAPPY SPIRAL

父性(ふせいとは何か?)

━ 事業内容を教えて下さい。

一言で言うとお父さんの代行業です。イメージが湧きにくいかも知れませんが、中身は主にカウンセリングと身体への施術です。身体への施術と言っても、骨や筋肉をバキバキしません。痛みがなく、かつ、自分でもできるような施術を教え、セルフケアができるように指導しています。来訪していただくカウンセリングは6回から12回ですが、セルフケアができれば簡単で、かつ即効性もあります。

もうひとつの事業は、セミナーや講演です。最近では結婚相談所で講演をしました。アダルトチルドレンの方は親との問題を抱えているので、結婚願望が芽生えなかったり、結婚が無理だと思っていたりします。そのような方を結婚したいと思えるようにお手伝いをしています。

子どもから大人になる過程で、両親、とりわけ父親に褒められる・認めてもらう・信じてもらうなどの自己肯定感の醸成が極めて大切です。きちんと褒められて育つのが大事なのです。こうした経験、つまりお父さんにして欲しかったこと、お父さんに認められた経験がないと、社会に出てからも自信を持てず、結果的に社会に認められにくい人になってしまう。たとえば出世話があっても自信がなく受けられない、自分と他人の評価がズレてしまう、という現象が出てきます。このような方々をサポートするのが事業の柱です。本来は、お父さんが担当するべきもの、例えばモノの考え方や、知識の伝授、人徳、さらにリーダーシップなどは父性(ふせい)でなければ与えられないものがあります。母性だけでは与えられないような機能、役割を提供しています。

私には3人の娘がいますが、末っ子の娘ができた時に、子どもにはやはりお父さん役が必要だと感じました。ですから、クライアントからも「お父さんと呼ばせてもらいます」とか「おおほりお父さん、おおほりパパ」とよく言われるんです。

株式会社HAPPY SPIRAL

同業者がいないこと

━ 御社の強みや特徴を教えて下さい。

まず、同業者がいないという事です。私の他に、お父さんをやっている(お父さん代わりをすると明言している)所はないと思います。お母さんの代わりはいてもお父さんの代わりはいない。繰り返しになってしまいますが、お父さんにかけて欲しかった言葉・考え方・言われたかったこと、この経験がないと自信を無くしてしまうんです。

社会、つまり他人に認められるという最初の存在がお父さんであり、母性ではなく、父性について説明できる人は殆どいないというのが現状です。父性というのは、上記で延べた以外にも大切な役割があります。リーダーシップやカリスマ性などは父性にしか教えられないとても大切な要素です。これは患者さんに厳しく接するという意味ではなく、父性的なキャラクターを感じてもらう、映画で言えばスターウォーズのヨーダ、アニメで言えばドラゴンボールの亀仙人とかですかね(笑)。このキャラクターは実は父性として、とても大事な役割を担っているんです。

特徴やポリシーは、まずクライアントの治療を長引かせないという事です。自分で出来るように自立させ、必ず卒業をさせます。クライアント同士でもコミュニケーションを持たせて、より幸せな人が接することで対する人も幸せになる。このような感じで早い方では3ヶ月、長くても半年単位で治っていきます。

寄り添うとは 支えるとは

━ 社長が仕事をする上で大切にしている事は何ですか。

まずはクライアント、アダルトチルドレンの方に自立していただくことです。自分の心と身体をケアできるように指導しています。それから、私の座右の銘『一緒に居る』。時間的なことだけでなく、意識や存在として寄り添うという意味です。そして、そのクライアントが良くなることを信じることも、とても大切にしています。

天職に全力投球 人々の笑顔を見るために

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

まずは父性の大切さを広めたいです。それから「自分で治せます」というセルフケアの提唱と普及です。

講演活動を増やして、父性の大切さ、機能を広めたいと思っています。長期的には『お父さんになるための教育』がないので、お父さん学校のようなものを作りたいと思っています。『いいお父さんってどんな人?』と問われても答えるのは難しいですよね。それらを教える『お父さん専門学校』というのを考えています。 10年後のビジョンはどうなるか分からないというのが正直なところですが、今できること、今人の役に立てること、この天職を楽しんでいます。

PROFILE

株式会社HAPPY SPIRAL 代表取締役 大堀 亮造
株式会社HAPPY SPIRAL代表取締役 大堀 亮造

●1998年 松下電器産業株式会社(現在のパナソニック株式会社)に入社。主に家電量販店ルートのエアコン担当としてコジマ、ケーズデンキなどの本部商談を担当。6年間勤務。
●2004年4月 操体法(そうたいほう)という民間療法で独立開業(操体おおほり癒養院
●2005年2月 吉祥寺にお店を移転
●2005年 心理カウンセリング、各種心理療法を学びはじめる
●2006年12月 株式会社HAPPY SPIRALを設立
●2007年 日本メンタルヘルス協会認定公認心理カウンセラーの資格取得
●2010年 感情解放カウンセラーとして活動開始
●2014年 アダルトチルドレン専門カウンセリングに転向
●2018年 書籍「なぜ、あなたのアダルトチルドレンは改善されないのか?~父親から愛されなかったあなたへ」を出版。アマゾン「親子関係」売れ筋ランキングで第1位獲得。

保有資格
・日本メンタルヘルス協会公認認定 心理カウンセラー
・日本TFT協会認定 初級セラピスト
・少林寺拳法四段(関西学院大学少林寺拳法部第31代主将)
・剣道二段(中学、高校と剣道部に所属 高校は剣道部主将)
・中国伝統武術 通背拳初段
・古武術
・スキューバダイビングPADIアドバンスド・オープンウォーター

アダルトチルドレン専門カウンセリングに興味がある方はこちらをご覧ください。http://happyspiral.com/

 

2019年5月13日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ