会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

証券・保険のプロフェッショナル達が集い
新しい形のサービスを提供する。
実績・経験ともに豊富な企業。

リンクス株式会社

代表取締役 臼倉 孝純

IFA(金融商品仲介業)生命保険代理店損害保険代理店資産コンサルティング業

リンクス株式会社 代表取締役 臼倉 孝純

学校ではお金や資産運用のことを教えてくれる機会がほとんど無いので、もっとお金について学べる環境を作っていきたい、とお話しして下さった臼倉社長。
お金の知識を学べる無料セミナーを定期的に開催するほか、資産形成ドットコムという経済と金融を学べるウェブサイトで様々な情報発信をされています。
雑談を交えながら、楽しく分かり易くインタビューに答えて下さった優しい社長でした。

(インタビュアー 木内)

リンクス株式会社

運命のヘッドハンティング

━ 起業までの経緯を教えてください。

中学から大学卒業まではずっと千葉県の船橋市で過ごし、いつも真っ黒に日焼けしているサッカー少年でした。高校は東海大浦安高校、大学は明治大学政治経済学部に進学して、卒業後は大和証券に入社しました。本当は総合商社に行きたかったんですけどね。(笑)「地球を股にかけて飛行機を乗り継いで仕事をする」ことに当時は憧れていました。

その後、ヘッドハンティングされたのを機に大和証券を3年で退職して、生命保険と不動産を扱う資産コンサルティング会社へ行きました。あの時にヘッドハンティングされていなければ、今でも大和証券にいたと思います。そしてその後、起業に至ります。大和証券時代の上司と共同代表という形で起業を経験し、そこから独立して『リンクス株式会社』を設立しました。

ちなみに『リンクス』という社名は私が決めた名前じゃないんです。起業メンバー5人で話し合って、3〜4個くらいの候補が上がった中に、私の提案した社名候補もあったんですけどメンバーにあまり好感されず…。その候補の中で、1番短くて、格好つけていない感じで、覚えやすいのが『リンクス』でした。弊社は証券と保険のクロスコンサルティングをご提供する会社ですから、様々な金融商品やサービスを『リンク』させて、お客様を幸せにする会社という意味合いも込めて『リンクス』に決めました。

リンクス株式会社

資産コンサルティングのプロフェッショナル

━ 事業内容は何ですか?

IFA(金融商品仲介業)と生損保代理店業です。具体的には『資産形成コンサルティング』『資産運用コンサルティング』『相続贈与コンサルティング』の3つです。

IFA事業については、弊社は関東財務局に登録されている金融商品仲介業者です。SBI証券のシステムを使わせて頂いて、お客様の資産コンサルティングをするという形態になっています。お客様の資産についてはSBI証券がしっかりと管理をする。私たちはお客様へ資産運用についてのアドバイザリーをするという形です。

リンクス株式会社

リンクスだからできる多種多彩な資産コンサルティング

━ 御社の強み、特徴は何ですか?

『0歳からご高齢の方まで、お客様のライフステージや資産状況に合わせたコンサルティングができる』というのが弊社の強みです。

弊社では証券と保険のクロスコンサルティングを中心に資産運用のOne-stop(ワンストップ)サービスをご提供しています。

現在の日本の金融業界は、証券投資の相談は証券会社へ、保険の相談は保険会社(もしくは保険代理店)へ、住宅ローンの相談は銀行へ、という具合に、それぞれの相談内容ごとに証券会社、保険会社、銀行の各会社の別の担当者のところへ相談しに行かなければならない状況です。

これでは、お金に関する一つ一つの案件ごとに各社の別の担当者がプランや金融商品をお客様へ提案する形となり、一つの分野でのみ最適な状況、つまり『部分最適』なプランとなってしまい、資産全体としてみた時に『全体最適』なプランにはなっていない、ということが頻繁に起こってしまいます。

私たちは証券・保険・不動産・税金等の資産全般のご相談について、各専門家とも協力しながら、One-stopで全体最適なプランご提案することができるファイナンシャルアドバイザリー会社であることが強みであり、特徴です。

リンクス株式会社

信頼しているからこそ出来ること

━ 社長が仕事をするうえで、大切にしていることは何ですか?

《お客様に対して》

お客様に対しては「正確で数多くの選択肢をご提案すること」。これに尽きます。「正確で数多くの選択肢をご提案する」というのは、言うのは簡単ですが非常に大変なことです。金融業界は、毎年のように法律や税制が変わるし、株価だって、為替だって、金融商品だって日々進歩し変わっていきます。“正確”をお客様にご提供するという事は、私たちも勉強が非常に大変です。ですから、常に最新で正確な情報提供ができる準備をすることを私たちは大切にしています。

《従業員に対して》

従業員に対しては、会社の全ての情報にアクセスできるようにしており、秘匿されている情報が無いようにしています。つまり、会社の情報は全てオープンである、ということです。会計経理は勿論の事、私の給料に始まり、会社の経営状況、事業計画や損益、経営会議の内容について等々、メンバー全員が全部知っています。メンバーから「社長、なんか先月経費多かったんじゃないですか?今月は使わないように!」とチクリと言われたりすることもあるくらいで…。

唯一、メンバーに隠している情報があるとすれば、会社の銀行口座の暗証番号くらいです。(笑)

もう1つ大切にしていることは、「人の成長にフタをしない」という事です。

営業でもマーケティングでもセミナー講師でもどんな新企画でも、自ら進んでやりたいと言ってくれれば、「できるわけない」とか「お前にはまだ早い」とは言いません。私が勝手に「この人にこれは出来ないだろうな。」なんて思ってしまって機会を奪ってしまうことは、その人が成長できる機会を奪ってしまうことと同じだと思っています。『人の成長にフタをするような上の人間になってはならない』という恩師(前職の上司)からの教えを今でも大切にしています。

お客様と私たちの笑顔のために

━ 今後のビジョンを教えてください。

『次世代コンサルティングを通じて、豊かな暮らしと確かな未来を創出する』という社是を体現する会社であり続けたいです。

お客様ご本人様だけではなく、お子様やお孫様の代のことまでを見据えた資産コンサルティングを次世代コンサルティングと言います。世代を超えて全体最適となるような資産コンサルティングをご提供し続けられる会社でありたいと思っています。

そしてもう一つ、「毎日笑顔で働く金融マンになる」という目標もあります。証券と保険業界は、ノルマに追われて心身ともに疲弊している人がとても多い業界です。私は本来、「金融」という仕事は絶対的に楽しい仕事だと思っています。資産の形成・運用・保全・相続、という順にお客様の人生に寄り添い、ファイナンシャルパートナーとしてアドバイスをすることができる仕事なのですから。

お客様からこれほど「ありがとう」をもらえる仕事も他にないはずです。

お客様にも共に働くメンバーにも「リンクスのおかげで豊かな暮らしと確かな未来が手に入った。ありがとう。」と言ってもらうことが今の私の目標です。

 

PROFILE

リンクス株式会社 代表取締役 臼倉 孝純
リンクス株式会社代表取締役 臼倉 孝純

明治大学政治経済学部卒業後、大和証券入社。ヘッドハンティングされ生命保険と不動産を取り扱う資産コンサルティング会社に転職。その後、共同経営で会社を設立し、そこから独立しリンクス株式会社設立。
資産形成・資産運用を行うための情報サイト、資産形成ドットコムを管理。

2019年2月26日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ