会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

クライアントと共にユーザーに寄り添い、
web広告で世の中をもっと楽しく便利に!

snuggle株式会社

代表取締役 石田 智裕

web広告の運用代行WEB制作

snuggle株式会社 代表取締役 石田 智裕

「家族との時間を持ちたい。子供に誇れる仕事がしたい。」とお話しして下さった家族想いの石田社長。
3人のお子様との時間を大切にする、ステキな石田社長にお話しを伺って来ました。

 

(インタビュアー 木内)

snuggle株式会社

美容師からweb業界へ

━ 起業までの経緯を教えて下さい。

私は、高校を卒業後に子供の頃からの夢だった美容師になり働きだしました。
夢が叶い、忙しく大変でしたが、とても充実した生活でした。しかし、体を壊してしまいドクターストップで美容師を辞めざるを得なくなりました。
子供の頃から、美容師になる事だけしか考えてこなかったので、次に何をしようとも考えつかず、なんとなく就職し2~3年を過ごしました。その間に、子供も生まれ「お父さんは何の仕事をしてるの?」と聞かれるようになった時に、しっかりと答えられるようにしなければと、自分の方向性を見つめ直すことにしました。
美容師になる為の人生設計だったため学歴が無い。今迄の経歴に左右されず、今後伸びていく業界は何かと探していたら、web広告の仕事が見付かりました。たまたま求人していた一社に応募し、この業界に入りました。
その会社は、web広告の代理店でした。仕事も楽しくしていたのですが、代理店なので色々なお客様の広告を薄く広くという仕事内容に、もっと一社の広告だけを全力でやってみたいと強く思うようになりました。
そんな時、自社の広告をやってくれる人を探していた知人に声をかけられ、転職する事に。そこは、インハウス運用でやりたかった一社を全力で扱うという事が出来ました。この会社で一生懸命働いていると、私の経験を買ってくれた知人から「広告の運用に困ってるんだけど、うちに来てくれないか?」と声を掛けて頂きました。上場企業の子会社の広告代理店でした。大きなグループ会社だったので、インハウス運用で自社のグループの広告を扱うのが半分、広告代理店として他社の広告を扱うのが半分と、今迄の経験が一番活かせる環境でした。
この会社では、それなりのポストも頂いていてマネジメントをするようになりました。しかし、私は現場で働きたい気持ちと、アップデートの激しい業界でマネジメントとして現場を離れたら、あっという間に置いて行かれてしまうのではないかとちょっとした悩みはありましたが、安定した企業で良いポジションだったので辞めたいとは思っていませんでした。
そんな私が、独立する事になるのはたった二週間の間に決まったんです。
まず、働いていた上場企業が買収される事になったんです。それと同時に、2人から「広告の運用者を探してるんだけど、良い人いない?石田君がやれるならやってよ!」と声をかけられたんです。これは、思い切って辞めたら子供との時間も取れるし、マネジメントではない現場にもいられるし、いきなり仕事がある状態で不安も無いから、独立する運命なんだと思いました。
もともと、独立願望があったわけでもありません。しかし、当時は業界的に拘束時間が長いブラック体質だったため、転職という選択肢もありませんでした。半年かけて引き継ぎをしっかりとしてから、個人事業主として独立し、2年後に法人化し現在に至ります。

snuggle株式会社

Web広告全般に

━ 事業内容を教えて下さい。

・web広告運用代行お取り扱いサービス
・web広告教育(現場向け)
・web広告コンサルティング
・NPO法人web広告支援(月1回合同勉強会/運用保守/運用代行/ホームページ制作)

スピード感を持って

━ 仕事をするうえで大切にしている事は何ですか?

スピードを大切にしています。
仕事・決断・情報収集、全ての事にスピード感を持つようにしています。
新しい事が毎日出てくる業界なので、常に勉強しキャッチアップするようにしています。
他には、変な縛りは作らないようにしています。どんなことにも、柔軟に対応できるようにしています。
また、子供に自慢出来る仕事をする事を大切にしています。

snuggle株式会社

拘りを持たない、柔軟な対応

━ 御社の特徴・強みは何ですか?

強い拘りを持たないで、柔軟に対応出来ることです。
この業界の仕事はやらないとか、料金システムで決まりがあるから断るとかはしません。そして、柔軟かつスピードを意識しているので速さには自信があります。
特長としては、NPO向けに発信している事です。googleが補助金を出してくれるシステムがあっても、詳しくない方は使いこなせないし、ルールも厳しいのでそこをお手伝いしています。

snuggle株式会社

NPO法人を一つでも多くお手伝いしたい

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

NPO法人を1団体でも多くお手伝いして、社会貢献出来たらと思っています。
それから、web広告業界で培ったことを活かして美容室を作る夢も諦めずにいたいです。今の業界で、集客なども学び美容室をやるにあたって役立つことをたくさん学びました。
美容師として、直接お客様の髪を切る事は体を壊してしまったので出来ませんが、美容室の経営という形で夢を実現させたいです。
また、私自身が美容師として働いていた時の労働環境があまりにもよくなかったので、私が作る美容室では、美容師の働く環境を変えていきたいです。

PROFILE

snuggle株式会社 代表取締役 石田 智裕
snuggle株式会社代表取締役 石田 智裕

美容師として働いた後に、Web広告業界へ。
個人事業主を経て、snuggle株式会社設立。

2018年11月28日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ