会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

日々の事務作業から決算まで。
必要な分を必要なだけ事務のコンビニとして
お受けいたします。

株式会社 ラクレシェル

代表取締役 山崎 幸恵

経理・給与計算のアウトソーシング

株式会社 ラクレシェル 代表取締役 山崎 幸恵

笑顔を絶やさず、パワー溢れる山﨑社長。
従業員全員女性という細かな心遣いのできる株式会社ラクレシェル様についてお話を伺いました。

(インタビュアー 木内)

株式会社 ラクレシェル

109の店員になる為に上京

━ 起業までの経緯を教えて下さい。

私は鹿児島県出身で、18歳の時にずっと憧れていた109に入っているあるブランドのショップ店員になる為上京しました。
当時、ショップ店員は人気業種だったので採用されるか分かりませんでしたが、まず行動!!ということで東京に出てきました。
受かるまで履歴書を送り続けていたら、なんとか入社出来るだろうと考えていましたが、一度で採用されることに。
面接では「1年で店長になります!」と、今考えると生意気なことを言いましたが、それが面接官の気持ちに功を奏したのかもしれません。
この人生最初の仕事場が、かなりの体育会系で結果が全てだということを学ばせてもらいました。悔しい感情がバネになり「売ってやる!!」と仕事には良い方に作用しました。
倉庫にある在庫数を全て頭に叩き込み、質問されればすぐに答えられるようにもしました。
そんな努力の末、一年半で店長になる事が出来ました。
一番初めに入った会社で精神面を鍛えられたことは良かったと思います。
ここしか知らなかったので、それが仕事の基準になりつらい事にも耐えられるようになりました。
18歳で東京に出て、大体10年後27歳で起業すると心に決めていました。
最初は、自分のブランドを持って独立したいと考えていましたが、だんだんとファストファッションが入って来て洋服の単価も下がり、これは自分で立ち上げても一瞬で終わってしまうなと感じるようになりました。
それで、24歳の時この先アパレルで起業するのか、別の道で起業するのかを考えました。
独立がしたかったので、どちらにしても経理は出来たほうがいいと思い、会社の経理の人に教えてもらったり、粗利率を上げるにはどうしたらいいかを考えたりしながら簿記の勉強を始めました。
そんな時に友人に紹介してもらったベンチャー会社に転職しました。
私以外殆ど外国人でジェスチャーコミュニケーションを取りながら2年程バックオフィスの全てを任せてもらい、経理・秘書・総務をやらせていただきました。

自分がバックオフィスを全て任せてもらい、社会保険料や人件費を計算していた時に、粗利率を上げるためにも固定費削減につながって経理はどこの会社でも必要な事だし、みんなに喜んでもらえる仕事なのではないかと思いました。
そして、会社の外に投げられる仕事は投げる時代が来るのではないかと思い27歳で起業しました。

株式会社 ラクレシェル

事務のコンビニとして

━ 事業内容を教えて下さい。

経理・給与計算のアウトソーシング
・記帳代行/売掛金管理/銀行口座残高管理/支払い予定作成/給料計算代行/請求書発行/年末調整代行

その他必要に応じて事務作業をお受けしております。

 

株式会社 ラクレシェル

女性ならではの気配りを

━ 御社の特徴は何ですか?

従業員全員女性だけの会社なので、細かな気配りと小回りが利くことです。
お客様がやって欲しいなという事を組み立てて負担を減らします。
他には、創業メンバーで経理を抱えている企業様でもお手伝いさせて頂ける事です。

細々した日々の作業等は弊社に投げていただき、お客様には銀行とのやり取りやもっと大きな仕事に時間を使っていただけるようになります。

誠実な対応をする

━ 社長が仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?

これは、仕事に限った事ではありませんが、思いやりを持つこと。自分がされて嫌な事は相手にもしないという事です。

仕事では、納期を絶対に守る事、誠実な対応をする事。
そして、土日だろうと深夜だろうと、私が起きている限りは返信をする事です。

株式会社 ラクレシェル

女性だけでの挑戦

━ 今後のビジョンを教えてください。

女性だけでどこまでやれるのか挑戦し続けたいです。
そして、従業員をしっかりと守っていきたいです。
変な例え方ですが、従業員が結婚するのも離婚するのも、お金で悩むことなく人生の決断が出来るくらい従業員一人一人に稼がせてあげたいです。
他には、地方に仕事を持っていきたいと考えています。中小企業で決算までやっていたような経理の経験があるのに、人生の転機で仕事を離れてしまって再就職出来ない女性など原石がたくさんいます。そんな女性の雇用先が無くレジ打ちなどのパートに流れ、宝の持ち腐れにならないようにしっかりと雇用先・仕事を確保していきたいです。
日本のあちこちにある廃校などを利用して、東京の仕事を地方に流して、そんな方々に再就職が難しくない雇用促進をしていきたいです。

PROFILE

株式会社 ラクレシェル 代表取締役 山崎 幸恵
株式会社 ラクレシェル代表取締役 山崎 幸恵

109ショップ店員から店長になり、そこから簿記の勉強を始める。
外資系ベンチャー企業のバックオフィスを全て任され、27歳で独立し株式会社ラクレシェル設立。

https://www.lacreshell.com/

2018年12月3日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ