会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

“スマートライフ”を実現するために、
我々は圧倒的な成長力で躍進し続けます!!

株式会社マクサス

代表取締役 関 憲人

ITリユース

株式会社マクサス 代表取締役 関 憲人

お若いながらも明確なビジョンをお持ちで、笑顔がとてもステキな関社長をご紹介します。
(インタビュアー:三上)

株式会社マクサス

せざるを得なかった運命に身を任せて・・・

━ 御社を設立されたきっかけを教えて下さい。

私の家系は、元々事業をやっていました。
そういう家庭で育っているので、少なからずその影響もあると思いますが、10代の時から自分は組織の中で生きるのではなく、何か起業して、やりたい事を仕事にするのだろうなと感じていました。
起業家になって、“世の中に対して何か大きい事をしたい”とぼんやりと思っていました。
どの業種で起業するかという事は決めていなかったのですが、一応自分の中で決めていた軸がありました。
まず一つ目が、市場自体が大きくて伸びている事業です。
小さいマーケットを選択して、そこで穴を見つけて収益性が高いモデルを作るという方法も考えましたが、それは自分の性に合わなかったので、最初から大きいマーケットで勝負しようと思いました。
二つ目が、社会的な貢献度が高い事業です。
自分が事業をやっていく上で、どういう風に社会に役にたっているのか、と自分で自信を持って言えるような事業でないと中長期的な継続が難しいと思います。
三つ目が、ITだけで完結しないビジネスです。
若い起業家の人達は、全てITだけで完結させるビジネスをやりたがる傾向があります。そういう事業は、競合もたくさんいるし、ましてや頭脳派集団が多いので、なかなか継続する事は難しいと思います。
私の特長は、“泥臭い事を突き抜けてずっと継続できる事”です。
今風のキラキラしたITだけで完結するビジネスでなく、どちらかと言うと泥臭いような労働集約型のモデルを、如何に相手を使って新しいビジネスを作っていくか、という事が私の特長です。
何か起業してやりたいという思いを踏まえ、主にこの三つの理由が、起業するきっかけになります。

株式会社マクサス

特許権を取得した新しい買取サービス

━ 御社の事業内容を教えて下さい。

弊社は、二つプロダクトをやっています。
一つ目は、デジタル系のデバイスなど、商品の型が特定できるような、家電系を中心とした商品を基本的に買い取るという即時買取アプリ“そっきん”としてサービスを提供しています。
二つ目は、ビデオチャット型の買取サービスとして“セルライブ”を提供していて、ビデオチャットを通して、オペレーターが商品の状態をチェックし、買取価格をお伝えするサービスです。
ビデオチャットで商品の買取が完結できます。こちらに関しては、弊社が特許権を取得しています。

株式会社マクサス

“圧倒的な成長”の先を見据えて・・・

━ 仕事をする上で心掛けている事を教えて下さい。

後にも先にも、“圧倒的な成長”です。
私は、今が楽しければ良いとか、今の楽しさに対しての欲求は低くて、今辛くても良いから、自分自身が如何に成長できているか否かが、私にとっての楽しみになっています。
私は“圧倒的な成長”という事に対して、人よりも早く成長しているという事に実感している事が自分自身の欲求としては強いです。
どうやったら圧倒的に成長できるのか、人よりも抜けるためにはどうすれば良いのか、というのを常に考えています。
私にとって“圧倒的な成長”は、仕事に対しての大事な価値観になっているんです。
社員に対しては、“教育”という感覚を持っていません。
逆に、私が教育を受けているかもしれないですね(笑)
教えてもらう事の方が多いんじゃないかな・・・。
今、私が学べているのは、支えてくれている人がいるからなので、支えてくれている人達に感謝しています。

株式会社マクサス

どこよりも負けない思想

━ 御社の強みを教えて下さい。

弊社がやりたい事は、今世の中にないプロダクトと言いますか、潜在的な市場をどう取っていくか、という事を考えています。
他の企業ではやっていないプロダクトを作れるスキームが強みです。
例えば、特許権を取得したビデオチャット型サービスなどがそれに値しますが、大きいマーケットを狙う思想は強いです。

株式会社マクサス

“スマートライフ”の実現を目指し、時価総額が1,000億円の会社を作る

━ 最後に、御社の今後のビジョンを教えて下さい。

日本に眠っている資産を流通させ、“スマートライフ”を実現したいと思っています。“スマートライフ”の実現を少しでも早く加速させる事が課題ですね。
そして、日本に眠っている財宝を如何に市場に流通させるのか、この業界で先頭に立って、7年の間に一番を取りたいですし、7年で時価総額が1,000億円の会社を作る事が目標です。

PROFILE

株式会社マクサス代表取締役 関 憲人

1990年 東京都生まれ
高校中退後、
スキー場でスキーやスノーボードのインストラクターの仕事を経験した後、
20歳まで海外に留学する。
帰国後、約2年間不動産会社に勤める。
その後起業し、現在に至る。

サイトURL
即時買取アプリ『そっきん』
https://sokkin.jp/
ビデオチャット型買取サービス『SEL-LIVE』
https://www.sel-live.net/
本社URL
https://www.makxas.com/

2018年10月4日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ