会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

落ち着いた雰囲気を持たせたアットホームな空間で、
お客様一人一人に寄り添い、最大限の魅力を引き出すカット

hair salon SandD skill and design 

代表 大國 秀造

美容室

hair salon SandD skill and design  代表 大國 秀造

大國社長は、美容院を開業する約10年前、とある飲み屋さんで内装業を経営されている社長とお知り合いになり、「将来、美容院を開業するので、その時は内装をお願いします。」という約束をし、有言実行されました。
人とのご縁を大事にし、お客様の魅力を引き出す事がお得意の大國社長をご紹介します。
(インタビュアー:三上)

hair salon SandD skill and design 

“かっこよさ”に惹かれて飛び込んだ世界

━ 美容師を目指されたきっかけを教えて下さい。

最初から独立するために、この職業を選び、時期が来たから開業しました。
元々、独立して働ける仕事がしたかったので、独立できる職業を考えていました。
美容師の世界に入ったきっかけは、高校時代の友達や先輩が、たまたま美容師の人が多くて、昼間は格好良く働き、それ以外は、楽しく遊んでいる姿が格好良いなと思ったからです。
高校卒業して、美容の専門学校に行き、社会人として最初の美容院で3年間勤めたのですが、同じ職場で働いていた先輩が独立する事になったので、オープンスタッフとして一緒に働きました。
独立するという目的のために、どれだけ自分ができるかなと頑張ってきましたが、結果的には、独立するのに16年間かかりました。
実際に、美容師になった時は、思ったより現実は違う事もありましたが、やりがいや楽しさを見つけ、今に続いています。
私にとって起業する事はハードルが高かったのですが、実際に起業した結果、自分でもできるのだなと気づきました。
タイミングもあったと思いますが、何事もやってみなければ分からない事があると感じています。
また、自分が思っている以上に、周りの人がサポートしてくれました。
大変有り難い事に、必ず助っ人が現れてくれて、本当に感謝しています。
今のお客様は前に勤めていた頃からのお客様ですし、ずっと私のファンでいてくれているお客様のために、私なりの恩返しをしたいですね。

hair salon SandD skill and design 

人の魅力を最大限に引き出す

━ hair salon S&D skill and designさんの強みは何でしょか。

一人で担っているため、一人一人に時間をかけてカットできる事が強みで、得意分野は、“カットのもち”です。
“カットのもち”を良くするためには、カットの仕方が重要で、基礎の部分がきちんと出来ていれば、“もち”も良くなります。あとは、お客様が何を求めているのかを突き詰め、どれだけお客様がイメージしている形を再現できるかという事に気をつけています。また、当店は貸切でカットしているため、他のお客様とは重ならないようにして、空間作りを大事にしています。

hair salon SandD skill and design 

“自分らしさ”を活かしながら、お客様満足度の向上を目指す

━ 今後のビジョンを教えて下さい。

拡大する事や店舗数を増やす事など、事業拡大については考えていませんが、アットホームで、自分の部屋に友達を呼んでいる感じの今のスタイルは崩さないまま、これからも変わらずに、一人一人に寄り添ってカットしていきたいです。

PROFILE

hair salon SandD skill and design 代表 大國 秀造

1980年 山梨県生まれ
高校卒業してから上京し、東京の美容専門学校に入学。
卒業後、都内の美容院で3年間勤め、同じ職場の先輩が独立するのを機に、
オープンスタッフとして13年間経験を積む。
その後、37歳で独立し、現在に至る。

2018年9月11日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ