会社のファンを増やすインタビュー記事掲載サイト。無料訪問取材実施中

インタビュー記事interview

平均年収1500万円以上
フリーランス市場を牛耳るサイコパス経営者

StockSun株式会社

代表取締役 株本 祐己

コンサルティング業

StockSun株式会社 代表取締役 株本 祐己

いい香りのするお部屋に、優しい笑顔で出迎えて下さった株本社長。
インタビューを始めると、出てくるお話しが私の物差しでは測りきれないお話しばかりでした。
株本社長のブログTwitterを拝見すると、更に驚く事ばかりでした。
優しい笑顔と穏やかな雰囲気とのギャップに、体と心がビックリした取材になりました。

(インタビュアー 木内)

StockSun株式会社
━ 起業までの経緯を教えて下さい。

早稲田大学在学中に東日本大震災が起き、学校の春休みが延び時間が出来たのがきっかけで、バイト兼インターンとしてインターネット広告代理店のベンチャー企業に入りました。
そこで、フランチャイズ系WEBメディアの新規立ち上げを任され、そのままその会社に新卒で入社しました。

年商2億円規模まで育てることに成功し、23歳で年収800万もらっていましたが、25歳の時、会社の業績が悪化して600万に下がることになりました。
そのタイミングで、以前から他の世界も見てみたかったので、大手コンサル企業に転職しました。しかし1年経ったころ、仕事に飽きてしまいました。

そのタイミングで以前からの知り合いの武田塾という大学受験塾の林社長に「一緒に仕事しないか」と誘っていただきました。

「コンサルで1年しかまだ働いてない」と伝えたら、「毎月うちから50万発注確約するから独立したらどうだ」と背中を押してもらい、起業したのがきっかけです。

StockSun株式会社
━ 事業内容を教えて下さい。

WEBコンサルティングです。

大きく分けて2つの領域があります。

1つは事業会社のWEB責任代行です。
自社の社員だけではWEB戦略策定に不安がある会社に私たちが入り、コストカットや売上改善のためのWEB戦略を立てます。

もう1つは、WEB新規事業の立ち上げです。
WEBメディア事業を、クライアントに代わり制作からマーケティング、マネタイズまで一気通貫して請け負います。

StockSun株式会社
━ 御社の強み・特徴は何ですか?

弊社の強みは社長以外全員フリーランスであることです。

・独立するくらい腕に自信がある

・契約が切れたら収入が下がるから必死で頑張る

・間接コストがかからないので安く請け負える

というフリーランスならではの理由から、「安くていいもの」を提供できる点が弊社の強みです。

また弊社は、「無借金・在庫無し・固定費5万円以下」という経営のため、メンバーへの粗利の還元率も高くしています。

完全定量評価で、オフィスもなく、フルリモートで仕事を回しています。

給与水準も平均年収1500万円以上を実現できているため、超精鋭のフリーランスが集まってきています。

世間のフリーランスに対するイメージは、「末端業務を低単価で行う人たち」です。

しかし我々はプロジェクトマネジメントといわれる、いわゆる管理職が行う業務を外部として代行しており、上流の戦略決定まで入り込むことが多いです。

起業して1年経ちましたが、初月は営業利益160万円/月から始まり、今では営業利益は700万円/月を超えました。起業直後から業績は常に右肩上がりです。

フリーランス市場は今後も伸び続けるのは間違いないため、特に気合を入れなくても勝手に数字は伸びていくと思ってます。

無借金ですし、固定費もないため、正直RPGゲームでイージーモードをプレイしてる気分ですね。

StockSun株式会社
━ 社長が仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?

粗利です。

私は、定性評価が嫌いで、粗利しか興味がありません。

結果が全てです。

管理もしません。

粗利に繋がらない仕事は全て無くします。

全ての時間を粗利を稼ぐ事に充てています。

通勤時間も、定例会議も、議事録作成も、朝会も、意外となくなっても困らないんですよね。

それをなくすだけで時給換算したら30%くらいは上がるんじゃないでしょうか。

弊社のメンバーにとにかく稼がせて、リモートで自由な働き方をさせて、それを社員がSNSや口コミで発信してくれることが、一番の広報になり、求人にもなり、案件獲得にもつながります。

SNSでも数千人のフリーランスにフォローしてもらってますから、リソースは無限です。

クライアントに最適なフリーランス人材を一瞬でアテンドすることが可能になりました。

「WEBで困ったらStockSunの株本に相談すれば一瞬で解決する」とクライアントに言い続けてもらえるように動きます。

一言でまとめると、私はフリーランスの王ですね。

StockSun株式会社
━ 今後の目標やビジョンを教えて下さい。

目標はありませんよ。

なるようになります。

起業してまで目標追って無理してたら、営業会社時代と変わらないじゃないですか。

辛いの嫌ですもん。

ビジョンも特にないです。

そもそもですが、うちはコンサル業なので、すべて受託業務です。要するに人の商売の手伝いです。
なので、基本的に仕事にやりがいはありません。

仕事にやりがいを求めるならクライアントサイドに回った方がいいですよ。

もちろん感謝されたら嬉しいですし、結果が出たら嬉しいですよ。

でもあくまで我々は外部の人間。感情を入れずに結果だけ出すことを考えます。

効率よく稼ぐことができるようになれば、自由な時間も増えてきますね。別に勤務時間とか決めてないので、勝手に1週間とか休んでも大丈夫ですから。

全てのリソースを受託で稼ぐことに充てて1000万円/月稼いだ人もいれば、月100万円くらい稼げればいいや、あとは旅行行きたい、っていう人もいる。

余ったリソースで新規事業を立ち上げて何億円っていう売却を狙う人もいれば、家族との時間を増やしたいっていう人もいる。

なんでもいいんです。選択肢を無限に増やすために受託で効率よく結果を出して稼げばいいと思ってます。

市場や時流的に、合理的に突き詰めた結果、このフリーランスだけでWEB業務を回す体制になっただけです。

狙ってたわけでもなく、選択肢がこれ以外なかったですね。

事業会社がWEBに関する予算をフリーランスだけで回す事が当たり前になることも時間の問題でしょうね。

中小企業はどこも人材難ですよね。でもハイキャリア組はプライドがありますから、なかなか有名企業以外は就職してくれません。

しかし、フリーランスとして仕事もらえると、なぜか彼らはそれが誇らしい事と認識します。契約形態が変わっただけなのに面白いですよね。

いわゆる中小企業の人材難の一番の障壁だったプライド問題も解決しちゃったこのフリーランス市場は、中小企業から順に浸透していくでしょうね。

早く時代が追い付いて来いよ、って思ってます。

PROFILE

StockSun株式会社 代表取締役 株本 祐己
StockSun株式会社代表取締役 株本 祐己

ドイツ・ハンブルク出身。

桐朋高校、早稲田大学卒業。

大学在学中にインターンとして入ったインターネット広告代理店のベンチャー企業に入社。新規事業のフランチャイズ系WEBメディアを立上げる。

大手の総合系コンサルティングファームに転職。

2017年7月にStockSun株式会社を創業。

https://stock-sun.com/

株本社長のTwitter

2018年8月24日 公開

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ