【ファンタビュー】うつ病の回復・改善や就労支援|リファイン就労支援センター|井田 高志

インタビュー記事interview

うつ病やメンタルヘルス不調と戦う
ビジネスパーソンの為に

一般社団法人 リファイン就労支援センター

代表理事 井田 高志

一般社団法人 リファイン就労支援センター 代表理事 井田 高志

一般社団法人リファイン就労支援センターの代表理事 井田高志様にインタビューさせて頂きました。
うつ病やメンタルヘルス不調は今や社会的な問題になっていますが、回復・改善につながる独自プログラムなどの貴重なお話を伺いました。
(インタビュアー :安藤)

一般社団法人 リファイン就労支援センター

本当の意味での就労支援

―リファイン就労支援センター様の就労支援とはどのようなことをされるのでしょうか

はい。現代では、うつ病やメンタルヘルス不調などで悩まれている方が100万人以上いると言われています。当センターでは、うつ病やメンタル ヘルス不調に悩まされているビジネススパーソンの方に特化して、回復・改善から就職までを独自プログラムを行い支援しています。他の施設と違い休職者も受け入れています。今までにない“専門家”による様々なカリキュラムやカウンセリングを行うこ とで再発を防ぎ、働くことに喜びを感じていただき、企業との橋渡しを行います。豊かな人生の再構築をお手伝いをすることが私達リファインの就労支援サービスです。

―うつ病などはクリニックなどに通えば良いのでは

(笑)よくそのことは言われます。皆さん勘違いしがちなのですが、うつ病は極めて再発が起こりやすい疾患で、社会生活に十分適応していけるようにするためにはクリニックなどで処方される薬物療法のみでは不十分なんです。私達は形だけの社会復帰を目指すのではなく、しっかりと病気と向き合い改善して復帰する、本当の意味での就労支援をおこなってるんです。

一般社団法人 リファイン就労支援センター

ビジネスパーソンに特化した独自プログラム

―どのようなプログラムなのでしょうか。

流れとしては、カウンセリングなどアセスメントをおこなった後に、回復・改善のための心理カリキュラムを行います。その後に就労の準備としてビジネスコミュニケーショントレーニングをおこなうんですね。合わせてキャリアカウンセリングにて自身の今と向き合ってもらいキャリアプランの再構築などを行います。その後就職・復職活動をします。就職・復職された後は、リファインのスタッフが定着支援という形で一生涯サポートをさせていただきます。

―失礼ながら同業他社さんと同じようなサービスでは

30,000人以上の実績があるうつ専門の臨床心理士による個別カウンセリングやリクルート出身の社員が多く在籍しているなど、他社とは中身が大きく違うため、実際の実績が効果をものがたってるんですよ。
ビジネスパーソンはビジネスコミュニケーションを鍛えて、結果仕事のパフォーマンスが上がらなければ再発する可能性が高くなりますので、そのビジネストレーニングを行っている日本で唯一のセンターです。

一般社団法人 リファイン就労支援センター

確かな実績

―その効果のほどは

おかげさまで開所より3年2か月の間での就職者数が71名・復職者数が69名の合わせて140名。他施設と比べても群を抜く就職者数なんです。

―結果が出ていることは利用者さんにとっても安心ですね

ありがとうございます。
再就職者の年収も300万~1000万が多く、第一志望への高い就職実績もあるんです。

一般社団法人 リファイン就労支援センター

企業が抱える問題解決

―今後について何かお考えはあるでしょうか

はい、メンタルヘルス不調は「職場の人間関係」や「仕事の質」・「仕事の量」などが要因の事が多く、悩んでいるビジネスパーソンの数が増加しているのが現状で、特にうつ病の再発率は約60%、再々発率は80%以上になり、復職をしても再休職となるケースがほとんどです。これによって各企業が受ける企業損失は社会問題にもなっていますので、疾患の方に対しての豊富な実績と知見をもつ当施設が、リワークサービスを始め、企業の皆様が感じている問題意識や困りごとに対しその原因はなにか、どうすれば解決に繋がるのかをサポートし、「安定復職」「再休職防止」などセカンドキャリア実現に向けての新たなお手伝いを行っています。

―本日は貴重なお話ありがとうございました。

PROFILE

一般社団法人 リファイン就労支援センター代表理事 井田 高志

経歴
1987年
株式会社リクルート入社。 株式会社リクルートスタッフィングの立上げから23年間、人材派遣・人材紹介に携わり、30,000人以上の派遣・紹介の実績を誇る。

2009年
株式会社メディカルサーバント代表取締役社長
慈恵医大と連携しながら、医療に関わり医師・看護師をはじめとしたうつ病やメンタルヘルス不調者の回復・改善には欠かせない多くの人脈を得る。

2013年10月
自らが27歳の時にパニック障害とメンタルヘルス不調を経験したが、それを乗り越えて、うつ病をはじめとしたメンタルヘルス不調に苦しむ方の少しでもお役に立ちたいという想いと使命感から50歳を機に、社会起業家として一般社団法人リファイン就労支援センターを設立。

WEBサイト:一般社団法人リファイン就労支援センター

一覧に戻る

Contact us

無料インタビュー取材ご希望の方はコチラ